アフィリエイト記事の書き方をテンプレート付きで解説【ブログ型】

アフィリエイト 記事
ブログ初心者
アフィリエイト記事の書き方がわかりません。稼いでいる人はみんなどんな書き方をしているんだろう...。ブログアフィリエイトで収益を上げるコツや、テンプレートとか見本があるなら知りたいです。

こんな悩みを解決する内容になっています。

この記事を読めば、ブログアフィリエイトを始めたばかりの初心者でも、売れるアフィリエイト記事の書き方がわかります。(セールスライティング不要)

誰でも書けるようにテンプレートや、記事構成の見本などを公開します。

この記事で分かること

  • ブログアフィリエイト記事の書き方(作り方)の3つのコツ
  • 売れる記事のテンプレートや構成の見本、例文まで公開
  • その他アフィリエイト記事に関するよくある質問4つに回答(記事数や文字数についてなど)

本記事の内容は、Webマーケティング会社や稼いでいるブロガーが使っている手法であり、普遍的な文章の書き方です。

実際に、当ブログもこの文章の型を基本に記事を構成し、売り上げを積み上げていますので、
そのままマネするだけでも十分効果が期待できますよ!

アフィリエイト記事の書き方(作り方)の3つのコツ

アフィリエイト 記事

アフィリエイト記事の書き方のテンプレートを紹介する前に、以下の3点をおさえておきましょう。

記事を書く前の土台となる超大切な要素です。

記事作成前の重要ポイント3つ

  1. SEOキーワードに基づいて記事構成をする
  2. 王道の記事の書き方をマネする(大事なのは信頼性)
  3. 収益化ポイントを意識する(セールスライティング不要)

簡単に解説しますね。

SEOキーワードに基づいて記事構成をする

ブログアフィリエイト記事を書くときに最も大事なのは、『キーワードを決めて、それに基づいて記事を書くこと』です。

なぜなら、『キーワード=読者の悩みの本質』だから。キーワードを決めずに記事を書くとその記事で何を伝えたいのかが不明確になり、読者にも伝わらずSEOでも上位表示されません。

例えば、この記事は「アフィリエイト 記事 書き方」というキーワードに基づいて記事を作成しています。

『アフィリエイトの記事の書き方を知りたい人は、どんな記事を望んでいるのか?』ということを中心にこの記事を書いているわけです。

ブログ初心者
そもそもSEOって何?キーワードはどうやって選べばいいの?

という方もいらっしゃると思うので以下の記事を参考にしてください。

・SEOについて基礎から知りたい方➤SEO対策マスターガイド
・キーワード選定の方法から知りたい方➤キーワード選定の方法を学ぶ

上記を参考にしつつSEOキーワードを決めて、そこから記事の構成を作っていきましょう。

王道の記事の書き方をマネする:大事なのは『信頼性』

ブログ記事に限らず文章には”型”があります。まずはその型通りに文章を書くことがスタート。

特にブログでアフィリエイトをする場合は、記事を論理的に書くことはとても大切。

なぜなら、ブログアフィリエイトは記事やサイト全体の信頼性の積み重ねによって、売り上げを伸ばすことができるからです。

例えば、ガチガチのアフィリエイトサイトの場合、信頼性を構築せずに、訪れたユーザーにその場で買ってもらうライティング技術を重要視します。

ですが、このようなセールスライティングをそのままブログ型のアフィリエイト記事で使ってしまうと、信頼性が構築できず長期的に見ると売り上げが伸び悩みます。

毎回セールスライティングするブログ記事は嫌ですよね(^-^;

こういったことから、ブログアフィリエイトでは物を売るのにセールスライティングは重要ではありません。(もちろん要所要所では使えるので持っていた方がいい技術ですが)

信頼性を築くための、ブログアフィリエイト記事の書き方は、この後詳しく解説します。

収益化の導線を意識する(セールスライティング不要)

上記の通り、セールスライティング(モノを売る文章の書き方)は、ブログアフィリエイトにおいてはそこまで重要ではありません。

ブログ初心者
じゃあ、どうやってアフィリエイトで収益を上げることができるの?

ブログ型のアフィリエイトの場合は以下の点を押さえておきましょう。

収益化できる案件をできるだけ知ること

ブログ型アフィリエイトの場合は、セールスライティングで物を売りつけるよりも、文章の中で自然に商品を紹介することが大切です。

そこで重要なのが、自分が紹介しやすいアフィリエイト案件をできるだけ知っていること。

紹介できるアフィリエイト商材を知らなければそれだけ機会を損失します。

こういったことが起こらないように、まずは以下のASPに必ず登録して、紹介できるアフィリエイト商材を把握しておきましょう。

無理にマネタイズせずに収益化記事に流すこと

気づいた方も多いかもしれませんが、上記のリンクは全てアフィリエイトリンクですm(__)mユーザーがASPに無料登録することで報酬が発生します。

でも、上記で解説していることはホントですよ(^-^;

このように自然にアフィリエイトすることが理想ですが、全ての記事をマネタイズする必要はありません。

繰り返しますが、無理やり収益化させようとするとサイト全体の信頼性を落とすので長期的に見て稼げなくなるからです。

その場合は、関連する「収益化記事」に流すように導線を作りましょう。

これもなるべく自然に関連する収益化記事に流すことがポイント。

常に、「収益化できる商材はどんなものがあるか」そして「収益化記事はどれなのか」を把握して、そのリンクや記事に誘導するのがコツです。

以下の記事でさらに詳しくアフィリエイトの商材について解説しています。

アフィリエイト商材の選び方

アフィリエイト記事のテンプレート公開:構成の見本や例文も

アフィリエイト 記事

前置きが長くなりましたが、本記事の根幹である、アフィリエイト記事の書き方のテンプレートを公開します。

現在当ブログが使っている手法のままですが、パクってしまってOK。

  • 実際に使っている記事構成のテンプレート
  • 上位表示されるためのポイント

この2つを解説します。

ブログ型アフィリエイト記事のテンプレート

アフィリエイト記事のテンプレートは以下の通り。

記事の書き方テンプレート

  1. 読者の悩みの明確化:想定読者とその悩みを明確化する
  2. ベネフィットの提示:この記事を読むとどんなメリットがあるのかを伝える
  3. その理由:ベネフィットを得られる理由を伝える
  4. 悩みの解決策:本文で紹介する解決策
  5. 解決策の根拠や理由:その解決策がなぜ有効なのか?を伝える
  6. マネタイズポイント:収益化できるポイントを把握しておく

これだけだとわかりにくいと思うので、「今読んでいるこの記事の構成」を公開します。

実際に当記事を書いたときの下書き

アフィリエイト 記事
上記画像は「Googleドキュメント」を使って下書きしたものです。

実際にこの記事の冒頭を見ていただければわかりますが、ほとんどこのまま「書き出し」を書いています。

この記事構成ができれば9割は完成したも同然です。あとは文章を肉付けしていくだけ。

記事構成を決める時のポイントも解説します。

 記事構成を決める時のポイント:上位表示される記事構成

記事構成を考える時のポイントは2つです。

  1. Googleで検索して上位サイトの記事構成を参考にする
  2. サジェストキーワードを参考に本文内容を決める

上記を意識して記事構成を作れば、上位表示されやすい記事構成にすることができます。

Googleで検索して記事構成を参考にする

実際にGoogleで検索をして上位表示されているサイトの記事構成を参考にしましょう。

なぜなら、「上位表示されている=キーワードの答えが的確に書かれている」からです。

ですが、そのまま記事構成をマネても後発のあなたの記事が上位表示される可能性は低いので、独自性のある項目をプラスしたり、さらに網羅的に記事を書く必要があります。

その方法が下記。

Googleサジェストキーワードを参考にする

アフィリエイト 記事

上記のように狙っているキーワードで検索をすると、それに関連したキーワードが表示されます。

このGoogleサジェストキーワードは、「関連して検索されるキーワード=ユーザーが求めている情報」なので、それを記事で書くことはユーザーの為にもなるし、SEOでも評価されやすいです。

上位サイトの記事構成の中で書かれていない項目があるなら、それをプラスして書くだけであなたの記事が上位表示される可能性が増します。

例文で解説:アフィリエイト記事の『本文内容』の書き方は?

ブログ初心者
記事の構成とか、書く内容の決め方はわかったけど、肝心の本文内容はどう書けばいいの?

本文の内容も以下のテンプレートを使って書いていけばOK。

本文内容の書き方テンプレート

  • まずは結論。
  • その理由。
  • 具体例や引用で解説。
  • (ユーザー目線の言葉)
  • 再び結論

上記は「PREP法」とも呼ばれる技法で、簡潔に説得力のある文章を書くことができるのでブログ記事にピッタリの書き方になります。

例文(当記事を見本にすると)

アフィリエイト 記事

上記の通りですね。当ブログがテンプレートに沿って記事構成をしていることがわかると思います。

基本的にはこの書き方さえわかっていれば、本文で書く内容に困ることはありません。

更に本文のボリュームを増やしたいなら、具体例の部分にプラスして「引用」を使うといいです。

例えば、「Googleもこのように言っていました⇒引用文」とか「有名人の○○さんもこのように言っていました⇒引用文」とか、「論文でもこのように証明されています⇒引用文」とかですね。

こういった権威性のあるものを引用することにより、あなたの主張の信頼性が増します。

アフィリエイトで商品を売るためには、読者を納得させる必要があるので、主張は簡潔に、理由は明確に書くように意識しましょう。

読者が記事の内容を信頼してくれれば、セールスライティングをしなくても、さらりとオススメするだけで成果を上げることができます。

アフィリエイト記事に関するよくある4つの質問

アフィリエイト 記事

最後に、アフィリエイト記事に関するよくある質問4つに回答します。

アフィリエイト記事に関する4つの質問

  1. ネタが思いつかないので書けない
  2. 稼ぐためには、記事数や文字数はどのくらい必要?
  3. 記事をコピペしても大丈夫?
  4. 記事を外注や代行に依頼しても稼げる?

アフィリエイト記事のネタが思いつかないので書けない

当記事でも紹介したように、SEOキーワードを決めていれば、ネタがなくて書けないなんて悩みはなくなります。

むしろ「書くべきネタが多すぎて、どれを優先して書けばいいのか」という悩みの方が強くなります(^-^;

まずはブログの目的、そしてその目的に沿ったキーワードを優先的に書いていくことをオススメします。(あと競合が弱そうなキーワード)

ブログの目的の決め方を解説

アフィリエイトで稼ぐには、記事数や文字数はどのくらい必要

よく言われているのは、「記事数は100記事以上、文字数は1記事4,000文字以上が目安」というものです。

ですが、これは飽くまでわかりやすく説明する場合に用いる目安で、10記事で稼げることもあれば、200記事書いても稼げないこともあります。

文字数に関しても、2,000文字で上位表示されることもあるし、1万文字以上書いたからと言って上位表示されるとは限りません。

要はこういうことです。

  • 100記事以上書く⇒「稼ぎ方が見えてくる&文章力が上がる=稼げる可能性が上がる」
  • 4,000文字前後書く⇒「キーワードに対する答えは大体書ける=上位表示される可能性が上がる」

つまり、思考停止して数字の目安だけ追い求めても稼げるようにはならないということ。

大事なのは、「どのようにマネタイズするか(サイト設計)」と「各記事で読者の悩みを解決すること」です。

注意説明
結論:「書きながら学べ」

アフィリエイト記事をコピペしてパクリしても大丈夫?

本文をそのままコピペしてパクることはNGです。

理由は、コピペ記事はGoogleからペナルティをくらい上位表示されないから。(結果稼げないから)

ただ、当記事で紹介しているように記事構成をパクる(マネする)ことは稼ぐための最短ルートです。

そもそも現在稼いでいる人たちも、昔からある記事構成の作り方や、これまで結果を出してきたブロガーやアフィリエイターのやり方をマネて結果を出していることがほとんどなので。

むしろ、基礎もわからず、先人をマネることもしない人は稼げるようになりません。

本文をそのままパクることは良くありませんが、記事構成や考え方などは積極的にパクるようにしましょう。

アフィリエイト記事を外注や代行に依頼しても稼げる?

結論から言うと、外注記事や代行記事でも稼ぐことは可能です。

ですが、簡単そうに見える外注記事や代行の依頼は思っているほど簡単ではありません。

理由は2つで、「お金がかかる」「記事の書き方を指定する手間がかかる」からです。

単純にキーワードだけ指定して記事を書かせても、ほぼ100%上位表示されないので金をどぶに捨てることになります。

自分が記事の書き方や、そのテンプレートを熟知して、外注さんにそれを伝える技術を持っているなら稼げる可能性もありますが、完全上級者向けということですね。

外注に頼みたい気持ちもわかりますが、たとえすぐに結果が出なくても、文章を書くスキルはあなたの中に残るので、自分で記事を書くことをオススメします。

ブログ型アフィリエイト記事の書き方まとめ:テンプレートで初心者もラクラク

アフィリエイト 記事

では最後に、ブログアフィリエイト記事の書き方についてまとめるこのようになります。

アフィリエイト記事を書く前の3つのコツ

  1. SEOキーワードに基づいて記事構成をする
  2. 王道の記事の書き方をマネする(大事なのは信頼性)
  3. 収益化ポイントを意識する(セールスライティング不要)

記事構成のテンプレート:5つの手順

  1. 読者の悩みの明確化:想定読者とその悩みを明確化する
  2. ベネフィットの提示:この記事を読むとどんなメリットがあるのかを伝える
  3. その理由:ベネフィットを得られる理由を伝える
  4. 悩みの解決策:本文で紹介する解決策
  5. 解決策の根拠や理由:その解決策がなぜ有効なのか?を伝える
  6. マネタイズポイント:収益化できるポイントを把握しておく

本文内容の書き方テンプレート

  • まずは結論。
  • その理由。
  • 具体例や引用で解説。
  • (ユーザー目線の言葉)
  • 再び結論

長々と解説しましたが、知識だけ学んでもすぐに記事が上手く書けるわけではありません。

上記のテンプレートを常に意識して書き続けることで、本当のスキルとして身につきます。

アフィリエイト商品を勧めることは誰でもできますが、文章スキルがなければ稼げるようにはならないので、とにかく書きながら文章技術を向上させていきましょう!

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

それでは、よいアフィリエイトライフをお送りください(^^)/

しょーい
気に入っていただけたらシェアお願いします!

当ブログ『shoiblog』では、Wordpress、SEO、アフィリエイトを中心に毎日投稿しています。

Twitterもやっているので、フォローよろしくお願いします!

シェアしてね!