【1年使った評価】GTRACINGゲーミングチェア【ステマなしのレビュー】

gtracingゲーミングチェアのイメージ画像
GTRACINGゲーミングチェアのリアルな評価が知りたいなぁ。AKRACINGとの違いはどんな感じなんだろう。

こんな疑問に答えます。

GTRACING(ジーティー・レーシング)を使いはじめて1年以上経過しました。
いい買い物をしたと今でも思ってます。

ちなみに僕が使っているのは王道モデルの「GT002」ではなく、「GTBEE-BLACK」という種類のものです。

上記のGTRAICINGゲーミングチェアの評価&レビューになります。

本記事の内容

  • GTRACINGゲーミングチェアとは
  • GTRAICINGを1年使ってみたガチ評価&レビュー
  • GTRACINGのデメリット(Amazonの口コミも参考に)
  • 【比較】AKRACING、DXRACERとの違い【パクリ疑惑】
  • GTRACINGの種類(オットマン買えばよかったかも)

個人的にはGTRACING買ってよかったと思っていますが、
人によって合う合わないは必ずあります。

デメリットも記載していますので、購入検討されている方は、
そちらも目を通すことをおすすめします。

GTRACINGゲーミングチェアとは

GTRACINGとは、2011年に創業され日本を始め、アメリカ、オーストラリア、中国など世界的に展開されているゲーミングチェアのこと。

昨今注目されている「e-sports」の大会の会場でも、導入されることがあるそうな。

GTRACINGの販売元は、どこの国?会社概要。

GTRACINGの販売元は、
中国の上海で日用品や家具を中心に取り扱っている会社とのこと。

下記が会社概要です。

企業名:武狄实业(上海)有限公司
所在地:上海市闵行区中春路7001号第2幢1楼1030室
設立:2011年9月13日
代表:吴鹏
資本金:1000万人民币

Amazonの販売サイトでは、日本の子会社(GTRACING JAPAN)の名前もしっかり提示しているので、一応の安心感はあります。

GTRACING JAPANという代理店はあるようです。

Amazonを中心に販売されてますが、GTRACING JAPANという代理店はちゃんと情報開示しているので、そこまで怖がる必要もなさそうです。

Amazonの口コミにも、不良品対応を迅速丁寧にやってくれたとの口コミも見かけました。

1年間の保証付きでもあります。

とりあえずそこのところは大丈夫そうです。

GTRAICINGゲーミングチェアを1年使った評価&レビュー

1年使っているのでヘタっている部分もありますが、まったく問題なく使えます。

では早速、GTRAICINGを1年使ったガチ評価&レビューをしていきます。

冒頭でもお伝えしたように僕が購入したのは、
GTRAICINGの「GTBEE-BLACK」というモデルです。

これにした理由は単純でして、オールブラックでかっこいいと思ったから。

ちなみにGTRAICINGの中でも王道と言われているのが、
下記の「GT002」というモデルだそうです。

何が違うのかはわかりません。

GTRAICINGの良さはなんと言ってもこの値段設定ですよね。

ゲーミングチェア本家のAKRACING(エーケー・レーシング)とかだと、
平気で5万円前後とかするので。

↓AKRACINGゲーミングチェア

参考にしやすいように僕の簡単なスペックを紹介します。

  • 身長:183cm
  • ゲーミングチェア歴:1年(これが初)
  • 使用頻度:1日5時間以上、ほぼ毎日

以上を念頭に入れて頂いた上で参考にして頂ければと。

順番に評価&レビューしていきます。

GTRACINGの組み立ての評価&レビュー

もう1年以上前のことなので記憶に基づくものですが、組み立ては男一人でも結構キツイです。
重い&デカイので、骨が折れる作業ですね。

大きさは83×64×30(cm)、重さは25kgほどのダンボールで届きます。

説明書にも「組み立ては2人以上で行ってください」と記載されていたので、女性一人だとかなりきついと思います。

まぁ、頑張れば一人でもいけます。

しっかり組み立てないと「ギシギシ音が出る」といった口コミレビューも見かけたので、できれば二人でやったほうがいいかもです。

僕の場合は、1年使ってもギシギシなる音は出ていません。
組み立てはしっかり行いましょう。

GTRACINGの機能の評価&レビュー

「GTBEE-BLACK」はPUレザーという革が使われています。

1年使っていても、破れたりしていませんし匂いも気になったことがありません。

※嗅覚に自信はありません
※猫を飼っているのでひっかき傷がありますが、破れてはいません。

ちなみに「GTBEE-RED」の方は布地(メッシュ)仕様で、お値段が1,000円ほど高いみたいです。

革が苦手な方はREDのほうがいいですね。

AmazonでGTBEE-REDを購入する場合は、
「GTBEE-BLACK」と同じ購入画面画から種類を選択することで購入できます。

レバーでロッキングができる

サイドにあるレバーを引くことでロッキングの制御ができます。

公式だと最大165°まで傾くと書いていますが、座面も傾くので180°以上いきます。

頭に血が上るくらい傾けることができますよ。

座面の昇降

座面の下にあるレバーを引くと、ガスシリンダーで昇降の制御ができます。
僕は、上限で固定してほとんど使っていません。

僕の場合はほとんど使わないので壊れたりしていませんが、Amazonの口コミには半年でガスシリンダーが壊れたなんて口コミもありました。

頻繁に使う方は、もしかしたら壊れるかもです。

アームレスト

アームレストはプラスチック素材ですが、若干の弾力性があります。

横のレバーで上げ下げができます。外すこともできるそうです。

座面が広いのでアームレストがあっても、あぐらをかくことができます。

キャスター

キャスターは普通です。キャスターロックはありません。

ヘッドレスト、バックレスト

よくロッキングをして横になるので、下のバックレストがぺちゃんこです。

上のヘッドレストは本来穴が空いている部分に取り付けますが、それだと肩より下に来るので上に縛り付けています。

ヘッドレストは普通に座っているときはあまり使いませんが、
ロッキングで横になるときは枕になるのでとてもいいです。

普通に寝れますよ。

長時間利用する場合でも、すぐに仮眠できるのでめちゃ良いです。そんな方はオットマン(足置き場)付きのものがおすすめです。

デメリットや感想

GTRACINGを1年使った感想としては「不満なし」です。

サイズが大きくて座り心地もいいですし、はじめてのゲーミングチェアだったので最初に座ったときは感動すら覚えました。

ただ、サイズが大きいのがデメリットに感じる人も多いみたいです。

写真を見てもらえればわかるように、ホントにデカイです。

普通の学習机だと、アームレストで引っかかったりして入らない可能性があります。

そこだけは要注意ですね。

僕の場合はIKEAのスタンディングデスクを使用しているので全く問題なし。

関係ないですがスタンディングデスクめちゃくちゃいいですよ。
IKEAのSKARSTAを使ってます。

その他のデメリットを強いて挙げるなら「座面のクッション性はあまりない」ということくらいですかね。

そこを重要視している方にはおすすめできないかもです。

僕の場合は、長時間座るときは椅子の上であぐらををかいて座ることが多いので、そこまで気になりません。クッション性が高すぎるのが苦手でもあります。

僕が感じたデメリットとしては、ほんとにそのくらいです。

耐久性もありますし、頻繁にロッキング機能を使っても壊れていません。

GTRACINGをおすすめできる人、おすすめできない人

以上のことから、GTRACINGをおすすめできる人、おすすめできない人を僕なりにまとめてみます。

GTRACINGをおすすめできる人

  • 身長が高めの人
  • 大きめの机がある人
  • 座面のクッション性をあまり気にしない人
  • ゲーミングチェアがはじめての人
  • できるだけ安く抑えたい人

こんな人にはチョーおすすめですね。

GTRACINGをおすすめできない人

  • 身長が低めの人(155cm以下の女性の方とか)
  • 小さい机しかない人
  • 座面のクッション性を重視している人
  • AKRACING級のゲーミングチェアに慣れている人
  • お金あるなら黙ってAKRACING買え

こんな感じですかね。

1日8時間、毎日座る人でお金に余裕があるなら、そりゃAKRACINGの5万円のゲーミングチェアの方がいいに決まってます。

ただGTRACINGは、1万5千円程度で買えて1年以上使える耐久性が有るので、十分買いの商品だと思いますね。

AKRAICINGやDXRACERとの違いや比較。GTRACINGパクリ疑惑

はっきりいいますがGTRACINGは、
ゲーミングチェアの人気ブランド「AKRACING」や「DXRACER」のパクリ商品だと思います。

どうでもいいですが。

AKRACINGやDXRACERとの違いを簡単に比較します。

AKRACING(エーケー・レーシング)とは

AKRACINGとは、王道のゲーミングチェアでYouTuberなどにも愛用者が多いメーカーです。

e-sports(ゲームの大会)でも、よくAKRACINGのゲーミングチェアが使われています。

AKRACINGのゲーミングチェアは、4〜5万円以上するのが普通です。
プレミアムだと6万くらいですね。

その分クッション性やフィット感が優れているのでお値段分の価値はあるかと思います。

僕も何度か座ったことがありますが、たしかに良かったです。1番の違いは座面のクッション性の高さと、フィット感ですね。

なので、お金に余裕が有るならAKRACINGを買うべき。

僕もお金ができたら、乗り換えます。

DXRACER(ディーエックス・レーサー)とは

DXRACERとは、ゲーミングチェアの中でもパイオニア的な存在です。

ここのブランドは中国ではなく、アメリカです。

世界のe-sportsの大会でも、DXRACERが導入されることが多いようです。

AKRACINGと同じくらい高品質ですが、値段がAKRACINGとGTRACINGの中間くらいで、
快適に座れると評判です。

お値段は3万円前後ですかね。

GTRACINGはこれらに似せたもの

GTRAICINGはこれらゲーミングチェアに似せたものです。

悪く言えばパクリ商品とも言えますね。中国の得意技です。

まぁいいじゃないですか。特許を侵してるわけでもないし。

耐久性もあるし。

ミッキーほどひどくはないですよ。(たぶん)

GTRACINGの種類(オットマン買えばよかったかも)

最後にGTRACINGの種類を紹介しておきます。

GTRACINGゲーミングチェア「GT002」

こちらは何度か紹介しましたが、GTRACINGの中でも1番の人気商品で王道タイプの「GT002」です。

おそらく僕が使っている「GTBEE」と同じ感じだと思います。

普通におすすめです。

GTRACINGゲーミングチェア「座椅子」タイプ

こちらは下の部分がない座椅子タイプのGTRACINGになります。

Amazonのレビューを見ても高評価が多いようなので、座椅子タイプでもイケそうです。

180°倒すことも可能だそうで、完全にソファベッドですね。

GTRACINGゲーミングチェア「オットマン」タイプ

こちらは「オットマン」付きのタイプになります。

※オットマンとは足置き場のようなものです。

長時間作業する人はいいかもです。クッションも普通のより厚いようです。

僕もオットマンほしいです。なくても困りませんが。

GTRACINGゲーミングチェア「Bluetooth付き」タイプ

Bluetooth機能付きのものもあります。

ゲーマーの方はいいかもですね。知りませんが。

まとめ:ゲーミングチェアはいいですよ。中国製だっていいじゃない

以上、GTRACINGとゲーミングチェアについての評価やレビューを紹介してきました。

僕はGTRACINGを1年使ってきて、購入したことを全く後悔していません。

中国製にしてはよくできてます。パクリだっていいじゃない。

Amazonのレビューには「値段相応」とか「AKRACING買ったほうがいい」とか低評価もありますが、当たり前過ぎて何言ってんのかわかりませんでした。

そりゃ5万円するのと比べたら品質は落ちますが、
1万5千円分の価値は「充分以上」にあります。

GTRACINGじゃなくてもいいですが、ゲーミングチェア最高ですよ。
試したことない方は、ぜひ、試してみてください。

快適すぎて「ゲーミングチェア廃人」にならないように気をつけてください。

GTRACING

DXRACER

AKRACING

今回は以上です!

シェアしてね!


【最短5分】スマホでできるWordPressブログの始め方【初心者OK】



【最短5分】初心者でもスマホでできる「WordPressブログの始め方」をご存知ですか?この記事では、初心者にもわかりやすくスマホブログの始め方から、その後の設定や運営方法まで丁寧に解説しています。


ショーイshoi
WEBライター/副業ブログで生活中。大学を1年で中退→地獄のバイト生活→モデル・俳優として活動→WEBマーケ&ライター業→副業ブログ開始→開設9ヶ月で、月20万円達成→本業と合わせてちょい安定。普段はボロアパートに引きこもりつつ、猫と戯れて生活中。ブログノウハウを中心に「会社に頼らず生きる」有益情報を発信。