ブログ初心者が挫折する5大原因と解決法【100記事毎日更新の僕が回答】

ブログ初心者
ブログを初めて2カ月くらいの初心者ですが、挫折しそうです、、。挫折しないで、継続できる方法を教えてください。
こんな悩みに答えます。

ブログで挫折する原因は、下記のツイートの通り。

この記事を書いている僕は、平均文字数4,000文字~5,000文字の記事を100日ほど毎日更新しています。

そんな僕でも、しょっちゅう挫折しますよ。

本記事の内容

  • ブログ初心者が挫折する5大原因とその理由
  • ブログで挫折しつつも継続するたった1つの方法

挫折は99%の人が経験します。大事なのは「挫折しつつも、続けること」です。

体験談を交えつつ、解説していきます。

ブログ初心者が挫折する5大原因とその理由

冒頭でもツイートを貼りましたが、ブログ初心者が挫折する5大原因は下記の通り。

  1. WordPressの使い方が難しすぎる
  2. ブログ記事を書く時間がない
  3. ブログのネタが思いつかない
  4. 他人の成果と比べてモチベが落ちる
  5. アクセスもアフィリエイト収益も全く伸びない

一つ一つの挫折の理由と、簡単な解決法を添えて解説します。

挫折の原因1:Wordpressの使い方が難しすぎる

WordPressの使い方が難しすぎて、挫折する人は多いです。
はっきり言えば、「みんな難しいと思いつつ、始めています」。

難しいのは当たり前。難しいからこそ使いこなすことによって価値になります。

  • はてなブログ、アメブロ、noteやってます⇒「あぁ、そうなの?」
  • WordPressで自分のサイトもってます!⇒「自分のサイト!?すごい!」

これくらい世間の反応は違います。

無料ブログは「誰でもできます」
でも、Wordpressブログは「努力しないとできません」

それが価値になるんです。

WordPressブログは「名刺代わり」になる

もちろん、ただWordpressブログを開設しているだけなら意味ないです。

WordPressブログを継続することで得られる「スキルや知識」に目を向けましょう。

WordPressの使い方、ブログ文章のスキル、アフィリエイトで100円でも稼いだ経験、SEOの知識、これらは「就職や営業にも役立つ名刺」になりえます。

開設して数記事だけで挫折すれば、すべてが水の泡です。

挫折の原因2:ブログ記事を書く時間がない

ブログ記事を書く時間がない、という理由で挫折する人は「目標が高すぎ」です。

例えば、「1日10分だけでもブログに向き合う」と決めている人なら挫折しませんよね?

「時間がない」と言っている人の多くはこのように考えます。

  • 半年以内に10万円稼ぐ
  • 3ヶ月で3万pvに行くだろう
  • 必ず毎日更新する

これは目標を高くしすぎなので、それに追いつけない自分に落胆して挫折します。

僕は100日ほど毎日更新をしていますが、最初は毎日更新なんてするつもりはありませんでした。ただ、数日更新したら毎日更新してることに気づき「いけるかも」と思ったから続けているだけです。

特にブログ初心者は、目標を高く設定してしまいがちなので、自分のスキルに合った目標を決めるべき。

挫折の原因を作っているのは、自分自身の可能性が高いです。
やめる理由を探してるんですか?(煽りっぽいですね、、スミマセン🙇‍♂️)

挫折の理由3:ブログのネタが思いつかない

これもブログを始めたばかりの人は、誰もがぶち当たる壁です。

原因は2つあると思っています。

  1. そもそも詳しくないジャンルの記事を書いている。
  2. SEOキーワードから逆算してブログ記事を書いていない

ブログ記事に書く内容は、基本的に「あなたが経験をしたこと」です。

なので、ネタが思いつかないなら経験不足かもです。その場合は、さらに経験を積みつつ、1ヶ月に1記事でいいので続けましょう。

SEOキーワードから逆算すれば、「ネタは無限にある」ことに気づくはずです。

書けるか書けないかは経験に左右されますが、キーワードは山ほどあり、日々新たキーワードが生まれるので尽きることはありません。

SEOキーワードの選定方法がわからない方は、以下の記事を参考にしてみてください。
SEOキーワードとは?

挫折の原因4:他人の成果と比べてモチベが落ちる

Twitterをやっている人に多いのが、「他人と比べてモチベが落ちて挫折する」ですね。

先に言っておくと、僕は他人と比べたことがないのではっきりとはわかりません。Twitterでブログ初心者をフォローすることもなければ、他人のツイートやブログもほぼ見ないから。

そんな僕から言わせてもらうと、ちゃんと結果を出している先輩ブロガー以外参考にする必要なしですよ。

経験してきたことも、書いているジャンルも違う初心者ブロガーと比べるのはナンセンスです。

「#ブログ仲間とつながりたい」というツイートをしているブロガーは伸びないかな、と勝手に思っています。

挫折の原因5:アクセスもアフィリエイト収益も全く伸びない

ブログを開設して半年以内なら、当たり前の現象です。

理由としては、Googleの検索上位に上がるのに、どんな人でも半年以上はかかるからです。

それでもブログ初心者の中には「開設1カ月で1万pv!」とか「開設3カ月で収益5万!」とか結構いますよね。(ゴメンナサイ、、僕も当てはまるのですが、、)

これはもともと、ブログ運営経験があったり、Twitterのフォロワーが数千人いたりするからです。

つまり、もともと積み上げているだけなんですよ。

僕の場合はブログ開設は初めてでしたが、前職でSEO担当として2年間働いた経験があります。それでもかなり頑張って、挫折しつつ継続しています。

Twitterもブログ開設も初めてなら、アクセスも収益も上がらないのは当たり前です。

そこで「あきらめず継続する」または「一度挫折しつつも、また立ち上がることができた人」が結果を出せます。

ブログで挫折しつつも継続するたった1つの方法

長々と書いてしまいましたが、上記のことはとても大切です。

そして、挫折の5大原因に共通しているのは、
ズバリ「自分で達成できない目標に、焦点を当ててしまっている」からです。

解決法は「100%達成できる目標に集中すること」です。

継続のコツは「100%達成できる目標に集中すること」

挫折する人は「自分で変えられないもの」に目標を定めがちです。

例えば下記の通り。

  • 半年以内に3万pv⇒Googleのさじ加減で決まる
  • 1年でアフィリエイト収益60万⇒タイミングによって変わる
  • ○○さんを超える⇒他者の行動に左右される

上記は全て、外部の環境や、タイミング、他者の行動によって決まるもの。

はっきり言うと「漠然とした目標過ぎる」ということです。これなら誰でも挫折します。

結果を求めつつ、過程に集中しよう

「自分で100%達成できる目標に変える」とこんな感じになります。

  • (アクセスを増やすために)タイトルの付け方を学び改善する。文章構成を見直して改善する。
  • (アフィリエイト収益を上げるために)セールスライティングの技法を1個試してみる。アフィリエイトの商材を洗い出して戦略を練る。

わかりますかね?

結果を求めつつも、「集中しているのは自分が実行できること」であり、改善策を試し実行しさえすれば「それで成功」です。

あとはこれを繰り返していくと、「ある時」結果が出ます。

もっとわかりやすく言うと、「目の前の具体的な作業に集中できていない人」は挫折するとも言えますね。

キングコング西野亮廣さんの成功の定義

オンラインサロンや、絵本作家として圧倒的な成果を上げている、キンコン西野さんの成功の定義は下記の通り。

行動してデータが取れれば、それで成功。行動しないのが、失敗。

※この言葉通りではないですが、こんなニュアンスです。

つまり、『行動した結果、理想の成果を得られなくても、「これは失敗する」というデータが取れるのならそれは成功だ』という意味ですね。

そしてそれを繰り返すだけで、必然的に成功に近づいていきます。

行動しないのは明らかな失敗。
行動してもデータを取らずに同じことを繰り返すのも失敗です。

まとめます。

ブログで挫折せずに継続するコツは、

行動して「改善する過程に」集中すること。成果は「ある時」訪れるもの

難しいですね。

ただ、自分で100%達成できることに集中できれば挫折する暇もなくなりますよ。

まとめ:ブログの継続は大変です。でも、だからこそ価値がある。

以上、ブログで挫折する原因とその解決方法について解説しました。

実はこの記事を書きつつ、僕はまた挫折しかけました。

マジで1日1回はなんとなく挫折してます(笑)僕もまだまだ作業に集中できていない証でもありますね。

こんな感じで、100日間毎日更新している僕でも日々挫折を感じるので、ラクラク継続できる人なんていませんよ。

みんな試行錯誤しながら、時には挫折しつつ立ち上がります。

月数百万とか稼いでいるブロガーのほとんどが、数年単位で収益が上がらない時期を経験しています。(ホントにみんなそうですよ)

数か月で結果出ないなんて当たり前すぎるので、目の前のことに集中しつつ改善していきましょう。

それを維持する努力が、成果につながると思ってます。

今回は以上です!
(ふう、、。乗り越えた。)

ブログ型アフィリエイトの教科書【完全初心者⇒月10万円稼ぐ方法】

 

シェアしてね!