【全く違うよ】ブログとアフィリエイトの違い【チョー簡単に解説】

ブログ初心者
ブログアフィリエイト違いって何?同じものなのかなぁ。詳しく違いが知りたいです。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイ(@shoi_ss)です。

メディア運営歴3年ほど、
この副業ブログでは、アフィリエイトで5万円以上稼いでいます。

ブログとアフィリエイトは、全くの別物です。
親和性が高いのでよく間違われます。

本記事の内容

  • ブログとアフィリエイトの違い
  • ブロガーとアフィリエイターの違い
  • サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの違い
  • ブログとアフィリエイトの始め方

これからブログそしてアフィリエイトを始めてみたい初心者に、
簡潔に、わかりやすく解説します。

ブログとアフィリエイトの違い

ブログはメディア(媒体)のことで、アフィリエイトは広告システムのことです。

ブログとは

ブログとは、Web(ウェブ=ネット)+Log(ログ=記録)=ウェブログの略。

つまり、ネット上に文字で記録してあるものは全てブログです。

この記事もブログですし、アメブロに書いてるような日記も、2チャンネルの書き込みも、大手のメディアの記事もブログと言えます。

一般的には、「ブログ=日記」と捉えられる傾向にありますが、本来はもっと広い意味なんですね。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、「成果報酬型広告」と言われるものです。

もっとわかりやすく言うと、ブログなどに広告を貼ることによって、
その広告から商品が売れた場合にのみ、報酬が支払われる仕組みのことを指します。

アフィリエイトはテレビでもYouTubeでもできる広告形態なので、ブログ=アフィリエイトではありません。

ブログの性質上誰でも気軽にアフィリエイト広告を掲載する事ができるので、
ブログ=アフィリエイトと捉える人も多いですが、厳密には違うということですね。

さらに詳しく「アフィリエイトの仕組み」を知りたい方は以下の記事をどうぞ。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは何か|意味や仕組みを簡単に解説【デメリットあり】

ブロガーとアフィリエイターの違い

ブロガーとアフィリエイターに、明確な違いはありません。

一般的なニュアンスで、何となく自称しているだけ。

ブロガーとは

ブロガーとは、一般的にはブログを生業(なりわい)とする人を指します。

つまり、サイトに記事を投稿して、広告を掲載して、ある程度稼げていればブロガーです。

※ちなみにブログで稼ぐ方法は、アフィリエイト以外にもたくさんあります。

「1円でも稼いでいるならプロだ!」

という熱い人もいるので、誰でもブロガーになれます。

この定義で言えば、僕もブロガーですね。

アフィリエイターとは

アフィリエイターとは、一般的にはアフィリエイトサイトを運営している人のことを指します。

狭い意味でのアフィリエイトサイトとは、
一つの商品やジャンルに絞って、その紹介だけをメインにするサイトです。

例えば、「〇〇青汁」という商品を売るためだけにサイトを作成して、「〇〇青汁」を売るためだけに記事を書いていきます。

基本的には1つの商品、1つのジャンルごとにサイトを作るので、
数十個、数百個のサイトを持っている傾向にあります。

こんな感じで商品を売ることがメインで、運営者の顔を出さないのが特徴。

1つの商品だけではなくても、青汁関連の商品だけ紹介しているサイトのような、
ジャンル特化のサイトもアフィリエイターに近いですね。

違いは曖昧なので「自称」でOK

ブロガーと言っているけど、運営者の顔や主張をオープンにしないで、アフィリエイトで売上を上げている人もいますし、

アフィリエイターと言っているけど、顔も晒して、自分の主張を全面に出す人もいます。

こんな感じで明確な定義があるわけではなく、基本的に自称で名乗っているだけで、
上記のニュアンスで捉えればだいたいOKです。

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの違い

ブロガーは、ブログ型アフィリエイトが多いです。

アフィリエイターは、サイト型アフィリエイトが多いです。

ブログ型アフィリエイトとは

ブログ型アフィリエイトとは、その名の通りブログ記事を書いていって、
その中でアフィリエイト広告を掲載する形のことです。

当ブログもブログ型アフィリエイトの形になります。この記事の中にアフィリエイト広告はありませんが、たまに紹介する感じです。

ブログ型アフィリエイトの特徴としては、
自分の好きなことや、得意なことを記事にしていき、その中で本当におすすめする商品を紹介することです。

使ってもいないアフィリエイト商品を紹介するのは、
サイト型アフィリエイトでよく使われる手法です。

サイト型アフィリエイトとは

ウェブサイトとは、複数のウェブページが集まったもののこと。
つまりこのブログもウェブサイトです。

ですが、一般的にサイト型アフィリエイトと呼ばれるのは、
上記で紹介したように、1つのアフィリエイト商品やジャンルに特化したWEBサイトを指します。

運営者の顔を前に出さずに、商品を売ることだけが目的なので、ステマも多いです。

※ステマ=ステルス・マーケティングのことで、使ってもいない商品をおすすめしたり、でたらめな口コミで商品をおすすめしたりすること。

こういったステマサイトと区別したくて、
アフィリエイトをやってるけど、ブロガーだと名乗る人も多い。

まったく、ややこしいですね。

ようはウェブサイトの見せ方や、売り方の手法によって便宜的に分けているというだけで、
本質的に違いはありません。

ブログとアフィリエイトの始め方

ブログとアフィリエイトの違いがわかったら、早速始めてみましょう。

ブログの始め方

ブログを始める場合は、WordPressがおすすめ。

WordPressとは、自分のURLを持って、そこに自分のサイトやブログを作れる仕組みのこと。

サーバー代金が月1,000円前後しますが、それ以上に広告費で稼げます。

※無料ブログは、無料で使える代わりに、広告費が全てサービス提供会社に行く仕組みになっています。つまり、無料ブログは実質上あなたの時間を奪ってるわけなので、ある意味無料じゃないんですよね。

先程紹介したアフィリエイト広告だと、
1件広告から売上が上がるだけで、数千円から数万円の報酬がもらえます。

だから多くの人が、有料なのにWordPressなどで自分のサイトやブログを持つんですね。

【実質無料】WordPressブログの始め方|月10万サポート【失敗回避】

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトは、上記のWordPressブログのような、
自分のサイトを持っていれば、誰でも無料で始めることができます。

アフィリエイト広告を取得するには、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)と呼ばれるところに登録して、好きな広告と提携するだけ。

もちろんASPへの登録も、広告との提携も、
広告を自分のブログに貼るのも無料です。

ただし、先程説明したように、
その広告から売上が上がらない場合は報酬が一切もらえません。

ちなみにブログを持っていない人でも、ASPアフィリエイトで稼ぐことができます。

以下の記事でその「セルフバック」の方法を解説しています。
誰でもサイトなしに5万円前後稼げます。(怪しい方法じゃないのでご安心をm(_ _)m)

【秒速5万円】セルフバックのおすすめ案件6選【やり方や注意点も】

まとめ:ブログとアフィリエイトの違い

以上、ブログとアフィリエイトの違い、ブロガーとアフィリエイターの違い、
そして始め方などを紹介してきました。

最後に簡単にまとめます。

  • ブログとは:ネット上の文字記録は全てブログ。
  • アフィリエイトとは:成果報酬型広告のことで、広告から商品が売れたら報酬がもらえる仕組みのこと。
  • ブロガーとは:一般的には、自分が書いた記事に広告を掲載して、稼いでいる人のことを指す。アフィリエイト以外にも広告の種類あり。
  • アフィリエイターとは:一般的には、アフィリエイト広告を売るためだけにサイトやブログを作成する人のことを指す。

こんな感じですね。

アフィリエイトは今でも十分稼げますし、どんどん参入者も増えていますが、
個人で作るいわゆるアフィリエイトサイトは、最近オワコン化しています。

運営者の顔を出さずに、アフィリエイト商品を宣伝するだけが目的のサイトですね。

理由は、多くの人がステマに飽きていて、Googleもそのような信頼性の無いサイトを表示しないようになってきているから。

これからアフィリエイトで稼ぐなら、ブログで自分を出して信頼性を高めつつ、
ファンを作り、その中で本当におすすめできる商品をアフィリエイトすることです。

そっちのほうが継続性もあり、自分も楽しく続けられると思うのでおすすめです。

以下の記事でやり方を一から詳しく解説してます。

ブログ型アフィリエイトの教科書【完全初心者⇒月10万円稼ぐ方法】

今回は以上です。

シェアしてね!