ブログを継続する5つのコツ【200日以上毎日更新中の僕が解説】

ブログ初心者
ブログを継続するコツが知りたいな。ブログを続けてる人はどんな方法で、どんなマインドでやってるんだろう?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
当ブログを開設してから現在まで、200日以上毎日更新しています。

当ブログのアーカイブより

そんな僕が、ブログを継続するコツや、継続するためにやってきたことなどを、
実体験をもとに解説していきます。

本記事の内容

  • ブログを継続できない人の3つの特徴
  • ブログを継続する5つのコツ
  • ブログを継続することで得られる3つのメリット

ブログで成果が出るまでには、時間がかかります。

具体的に言えば、
最低でも、半年〜1年以上かかるくらいの心構えが必要。

成果を出している人はみんな言ってることですが、なぜか多くの人がこのことを忘れるし、知っていても続けられないんですよね。

逆に続けてさえいれば、ほぼほぼ成果は出るので、
僕が実際にどのような方法やマインドで、ブログを続けてきたのかを紹介します。

ブログを継続できない人の3つの特徴

結論としては、
ブログについても、稼ぐことについてもナメすぎてるから、ですね。

「すぐに」成果が出ると勘違いしている

ブログに限らずですが、
未経験の状態から、すぐに何らかの成果が出るなんて幻想です。

なぜなら、「信用」も「スキル」もない状態だから。

例えば、検索エンジンからアクセスを集めるには、一定の期間ブログ運営をして、Googleから信用されないと上位表示されないので、アクセスも集まりません。

また数記事しかない、素人丸出しのサイトから、
何かモノを購入しようとする人も少ないはず。

こんな感じで、もとからSNSのフォロワーや知名度などの信用度、ブログ経験などのスキルがあるなら別ですが、
全くの未経験なら、簡単に成果が出ないのは「当然」なんです。

コツコツ継続して取り組むことで信用度やスキルは上がっていき、
それにつれて収益も上がっていきます。

「楽に」稼げると勘違いしている

ブログって、パソコンでパチパチ文字を打ってればいいだけなので、
なんか楽そうだなって思いますよね。

やってみればわかると思いますが、
ブログを書くって、あんがい重労働ですよ。

なぜなら、ブログで成果を出す基本は、
自分が書きたいことではなく、読者が求める記事を書くことだから。

芸能人の日常ブログみたいなものを書いたって、友達以外誰も読んでくれないので。

自分の思いや考えを書けば、それが仕事になると勘違いしている人は、
ブログの現実(仕事の現実)を知りましょう。

自分の得意なことは活用できる

自分の書きたいことは書けませんが、
自分の得意分野の知識を活かせたり、経験談を織り交ぜて活かすことはできます。

自分の考えを発信したいのなら、まずは読者のために記事を書き、信用をためて固定読者やファンを作ること。

ようは信用がない状態なんだから、
まずはGIVEから始めないと無理だよねってことです。

そもそもブログに向いてない

ブログは頭を使い、文字を扱う作業です。
指示してくれる上司もいません。

なので読書が好きだったり、活字慣れしていたり、
考えることや文章を書くことが好きな人でないと、続けるのは難しいかなと思います。

例えば僕の場合、接客がめちゃくちゃ苦手なので、一般的なアルバイトや対面での営業職などは、まったく向いてません。

誰かに命令されるのが極端に嫌いなので、会社員に向いてないんですよね。
逆に自分で決めたことは、せっせとやれます。

  • 気を使うのが上手い人は、接客業が向いてるでしょう
  • 体を使うことが好きな人は、力仕事が向いてるでしょう。
  • 話が上手い人は、音声メディアやYouTubeが向いてるでしょう。

こんな感じで、向き不向きはあります。

とはいえ、継続しないとわからない

向き不向きに関しては、
ある程度続けてみないとわからないものです。

向き不向きなんて結局は、どのくらいその分野に時間を費やしたかで決まる側面もありますからね。

思ったような成果が出なかったり、ちょっと躓くだけですぐ投げ出す人は、
何でもかんでも「自分には向いてない」と判断しますが、それはよくないです。

せめて「なぜ向いてないのか?」を言語化して、自分で納得できるくらいには取り組まないと、
ブログの次に挑戦することも、途中で投げ出すことになりますよ。

ブログを継続する5つのコツ

200日以上毎日更新している僕が、
ブログを継続するために気をつけている5つのコツを紹介します。

コツ1:すぐに成果を求めないこと

上記で解説してきた通りですね。

僕は最初から「1年以上はほぼ成果でないだろう」という腹づもりでいたので、仮に今全く結果出ていなくても、あと半年くらい結果でなくても、全然続けられます。

1年以上やってマジで成果出ないなら「ちょっとやばいかな」と思うかもですが、
それまではとにかく作業に集中あるのみですね。

長期スパンで物事に取り組めないと、何も身につきません。

コツ2:前進している感覚を大事にすること

これ1番大事だと思ってます。

ブログ初期は大きなアクセスや、収益はほとんど出ませんが、
自分で操作できる「前進を感じられる数値目標」を持っておくことは超重要です。

例えば僕の場合は、冒頭で紹介したアーカイブの欄を見て、毎日1つずつ記事が増えてることに、前進している感覚を得ていました。

毎日更新は自分のためにやってます。

それにプラスして、1PVでもアクセスが増えたことや、
たまーにくる収益発生の数字を見ると、継続する力に変わっていきます。

初期の頃は、収益やアクセスを目標にすると安定性がないのでおすすめしません。

「自分が確実に操作できる数値」を小さな目標として決めることで、
着実に自信に繋がり、継続するパワーになります。

コツ3:PDCAを意識すること

PDCAとは、Plan(計画)、DO(実行)、Check(確認)、Act(改善)のこと。

ブログでのPDCAをざっくりいうと、こんな感じです。

  • P:どの記事で収益化させて、どうやってアクセスを集めるのか決める
  • D:その計画を元に記事を書く
  • C:SEO順位やアクセス解析、広告のCTR、CVRなどを分析する
  • A:問題点を洗い出して改善していく

これを高速で回すことで、成果が出ます。

最初は記事を書くことに慣れる方が大事なので、そこまで意識しなくても良いかもですが、成果を出したいなら必ず上記を意識しましょう。

成果が出ないと継続のモチベがなくなるとおもうので、
無理しない範囲で、成果を見据えることも大切です。

SEO対策マスターガイド【基礎知識から応用まで徹底解説】

コツ4:SNSまたはオフラインで反応をもらうこと

ブログは基本的に孤独な作業ですが、とはいえ全くアクセスが無かったり、収益が上がらないと、継続するモチベーションが続きませんよね。

上記で紹介したように、自分で操作できる数値目標(僕の場合は毎日更新)を持つことが1つ重要なこと。

他にもSNSで記事をシェアしたり、オフラインでたまにブログについて話せる人がいると、モチベが続くはず。

ただし注意点もあります。

ブログ仲間と絡む際の注意点

注意点としては、SNSで絡むにしても、オフラインで絡む人にしても、志が低い人と馴れ合いで親しむと「デメリットの方が多い」ということです。

そして志が低い人がほとんどなのが現状です。

稼ぐ人は稼ぐ人とつるむし、稼げない人は稼げない人とつるみます。
環境が人を作るので、コレはしょうがないです。

なのでブログ仲間を作る際は、
しっかり見極めることをオススメします。

コツ5:必ず毎日ブログを書くこと

逆説的かもですが、
継続するには、継続することがモチベーション維持に効きます。

つまり「もう100日毎日更新してるんだから、ここで諦めたらもったいない」みたいな連鎖が起きるんですよね。

毎日更新は死ぬほどきついので、ほとんどの方にはオススメしませんが、
毎日ブログを書くことは重要です。

ブログを書くとは、その言葉どおり、ブログの文章を書くということ。書き出しの300文字だけ書くとかでもOK。とにかく毎日書くことが重要です。

NGなのは「ブログのデザインをいじったから、今日はOK。」とか、
「ブログの書き方の本を1時間読んだから、OK」とかにすること。

積み上げた感覚がなくなるので、モチベの維持ができません。

  • 記事のタイトルと書き出しだけでも書く
  • 1章分の1,000文字でいいから書く
  • 下書きやアイデア出しだけでも良いから書く

という感じで、作業を一定以上こなすことが最重要です。

費やした時間が積み重なれば、その時間が重みとなって、
継続するための”芯”になる感じですね。

ブログを継続するメリット

最後にブログを継続することで得られるメリットを、簡単に解説します。

上記までに解説したことを意識して継続すれば「必ずくる未来」なので、
このことを頭に入れつつブログに取り組むのも、継続にとって役立つはずです。

継続は、知識やスキルにつながる

1年以上、1つのことを継続できたということは、
それだけの知識やスキルが身についているということ。

これは誰からも左右されない、明確な成果ですよね。

仮に1年やって、収益が数万円程度で、アクセスも数万PV程度だったとしても、それでも何も継続していない人に比べたら大きな差です。

そして一口にブログといっても、実は色んなことが身につきます。

  • WordPressの知識
  • WEBマーケティングの知識
  • ライティングのスキル
  • SEOの知識
  • HTMLやCSSの知識
  • などなど

また1年も継続しているわけですから、
その知識をもとに教材を作ったり、関連スキルから収益化もできるようになるので、さらに収益源を広げられるわけです。

  • ライティングスキルを活かして、ライターの仕事を受注してみる
  • 今まで書いたブログ記事のまとめを、教材として販売してみる
  • SEO知識を活かして、企業サイトのSEOコンサルを行う
  • 次の職種にWEBマーケ知識を活かす(どんなサービスでも転用できます)
  • WEBデザイナーやプログラマー、エンジニアなどに挑戦してみる

こんな感じで、仮にブログだけで成果が出なくても、
継続して得られたスキルは他にも転用できますよね。

1番無駄なのは、すぐに投げ出して知識もスキルも中途半端で、
時間だけがなくなることなはず。

アクセスや収益だけがブログから得られる成果ではないです。

今やっていることに集中して、ある程度継続し、
スキルや知識、信用度を積み上げれば、確実に人生豊かになっていきますよ。

今回は以上です。

ブログアフィリエイトの手法は全て公開しています

ブログ型アフィリエイトの教科書【完全初心者⇒月10万円稼ぐ方法】

シェアしてね!