【損する】本要約サイトflier(フライヤー)『料金プラン』に注意

flier初心者
本要約サイトのflier(フライヤー)の料金プランが知りたいな。どんな料金プランがあって、どれがオススメなんだろう。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
読書好きで年300冊ほど読みますが、要約サイトのflierも1年ほど利用してます。

flierのゴールドプランに入ってます

最新の話題本や、識者が選ぶ「今読むべき本」などが高品質の要約で読めることで人気のflierですが、料金プランによって損してしまう可能性もあります。

実際に僕が失敗した経験も含め、
flierの4つの料金プランをそれぞれ詳しく解説します。

本記事の内容

  • 本要約サイトflierの4つの料金プランと詳しい内容
  • 【失敗談】flierの料金プラン選びの注意点

結論を先に書いてしまいますが、
flierの料金プランは「ゴールドプラン1択」です。(※学生の方は学割プランがおすすめ)

なぜなら、7日間無料で試せる上に、読み放題じゃないとflierの良さが十分にわからないから。

詳しくは本文で解説しますが、結局、試してみないとわからない側面も多いので、
「無料なら、さっさと試してみたい」という方は下記よりどうぞ。

flierの評判に関しては、下記記事でまとめています。

本要約サイトflier(フライヤー)の評判を集めてみた。

【悪い評判も】本要約サイト『flier(フライヤー)』の本音感想【1年利用】

本要約サイトflier(フライヤー)の4つの料金プラン

flierの料金プランは、下記の4つです。

  • 無料プラン:無料要約本は読み放題。有料要約は『概要のみ』読める。
  • シルバープラン(月額500円):有料要約から『月5冊まで』読める。
  • ゴールドプラン(月額2,000円):全ての要約を『無制限』に読める。
  • 学割プラン(月額800円):ゴールドプラン(読み放題)の、学生限定プラン。

さらに詳しく、それぞれの料金プランを解説します。

flier(フライヤー)の無料プランの内容

flierの無料プランでは、
20数冊ほどの要約本を無料で読むことができます。

2020年10月現在では、下記のような本が無料で読めます。
※時期によって読める本は変わります

・「カルチャーモデル」・「これからの生き方。」・「新装版 目からウロコのコーチング」・「思考の整理学」・「世界「倒産」図鑑」・「神トーーク「伝え方しだい」で人生は思い通り」・「ロウソクの科学」・「平常心のコツ」・「Think Smart」・「WHO YOU ARE」・「学びを結果に変える アウトプット大全」・「メモの魔力」・「FACTFULNESS」・「最高の組織」・「TRUST」・「スタートアップ・ウェイ」・「リーン・スタートアップ」・「ライフ・シフト」・「利己的な遺伝子」・「夜と霧」・「新訂 孫子」・「21世紀の資本」・「完訳 7つの習慣」・「新装版 人を動かす」・「イシューからはじめよ」・「これからの「正義」の話をしよう」

上記の通り無料プランでも、古典的名著から最新の話題本まで楽しめます。

また有料の要約本も、ライターのレビューや、要約の前半部分は無料プランでも見れるので、それだけでも十分使う価値はありますね。

無料プランで読める範囲(※有料要約本の場合)

今なら「有料の要約も全て」7日間無料で読み放題なので、
無料プランと有料プランの比較がしやすいですよ。

シルバー料金プランの内容

シルバープランは月額500円で、上記で紹介した無料プランで読める本に加えて、
有料の要約本を『月5冊まで』選んで読むことができます。

flierでは毎日1冊分の要約が追加されるので、正直物足りない感じですね。

1冊分でも10分以内に読めるように要約されているので、早い人だと1時間もかからずに消化できてしまいます。

単純にflierを試すだけなら無料プランで十分なので、
シルバープランを選択する理由がないと思いますね。

※後述する、僕の失敗談もコレに関わるものです。

ゴールド料金プランの内容

ゴールドプランは月額2,000円ですが、flierの中では最も人気のあるプランで、
会員の90%がゴールドプランであると、公表されています。

ゴールドプランは「完全読み放題」。

  • 上記までで紹介した無料の要約本
  • 毎日1冊更新される要約本
  • 過去の2,000冊以上の要約本

最短で「読書家」になれますね/(^o^)\

読書好きの方でも、時間がある時に過去の名著の要約を読んだり、毎日の習慣として新しい要約本が読めるので、飽きずに継続することができますね。

もちろん僕も、ゴールドプランで毎日1冊分は読んでます。

「読みたい本が出るとは限らないからな、、。」

と思う方は、まだ知識欲が足りてないです。(エラそうですね、、スミマセン、、)

自分が選ばないような本も半強制的に読むことで、
視野が広がり新たな世界がひらけます。

※しかも要約なので、そこまで苦じゃない。

出版業界の方や、専門の学者さんなどが選考した「今読むべき本」として選ばれているものばかりなので、全く興味のない本だからこそ読む価値がありです。

flierの学割プランの内容

flierでは2019年10月1日から、学生を対象にした学割プランが導入されています。

上記で紹介した読み放題のゴールドプランが、サービス内容そのままで、
60%OFFの、月額800円で読めるサービスです。

ビジネス書に興味を持ち始める第一世代の学生の方々に、早いうちからビジネス書に触れてほしいという想いからお手頃な価格を設定しています。
通学中のスキマ時間に業界分析したり、就職に向けてビジネススキルを身につけたりと、ぜひflierを有効活用していただければと思います!
引用:flier公式サイト

昨今の傾向として学生の中で、
「読書する人と、まったくしない人の2極化が進んでいる」というデータがあります。

読書して知識を得て人生イージーモードになる人と、何も考えずに役に立たない授業を受け遊ぶことしか考えない学生では、将来大きな差が付きます。

「格差社会=知識格差、情報格差」でもあるので、
人生イージーモードにしたい学生は読書すべき。

僕が今学生だったら、100%申し込みますね。

【失敗談】flierの料金プランをミスった時の話

僕は1年ほどflierを利用していますが、
1番最初に加入した料金プランは「シルバープラン」でした。

当時の理由はこんな感じ。

よくわからないから、5冊も読めれば十分だろう。これとこれとこれ読めればいいかな。というか読み放題でも、月2,000円は高いし。(シルバープラン、ポチッ。)

でもコレが大きな間違いでした。

30分もしないうちに、シルバープラン消化。絶望。
その1分後にはゴールドプランに再申し込みしました。(チーン)

上記でも紹介した通り、
flierの会員の90%はゴールドプランに入っているのには理由があったんですね。

これからflierを試す方は、無料でお試しできるので迷わないと思いますが、継続する場合は「ゴールドプラン1択」だと心に留めておいてください(笑)

まとめ:flierの料金プランはゴールドプラン1択です。

以上、本要約サイトflier(フライヤー)の4つの料金プランの詳細と、
僕の余計な失敗談を解説してきました。

簡単にまとめます。

ゴールドプラン 学割プラン シルバープラン
価格 月額2,000円»今なら1,800円 800円(学生、社会人学生のみ) 月額500円
内容 要約が読み放題 要約が読み放題 ひと月当たり5冊まで
申し込み先 »【7日間無料】ゴールドプラン » 学割プラン(ゴールドプラン) » シルバープラン(7日間無料)

すべてのプランで、まずは無料体験ができます。

本の要約サイトがどんなものか使ってみたい!

という方は「いまがチャンス」なので、是非試してみてください。

今回は以上です!

よい読書ライフをお送りください(^o^)/

シェアしてね!