【入門】WordPressの仕組み|完全初心者にわかりやすいように解説

ブログ初心者
WordPress仕組みがイマイチわかりません。これからブログを始めてみたいけど、プログラミングの知識がなくてもできるのかなぁ。

こんな疑問に答えます。

WordPress(ワードプレス)とは、プログラミングの知識がない初心者でも作成できるWEBサイト作成ツールのこと。

簡単な仕組みを理解するだけで、誰でもブログやサイトを作成することができます。

本記事の内容

  • 【入門】WEBサイトが表示される仕組み
  • WordPressの仕組み:CMSとは何か
  • WordPress初心者が覚えておきたいこと

誰でも作成できるWordPressですが、その基礎的な仕組みを理解すると、
いっそうスムーズにサイト作成&運営していくことができます。

そこでこの記事では、完全初心者にもわかりやすいように、
WordPressなどのWEBサイトの基本的な仕組みをわかりやすく解説していきます。

WEBサイト(WordPressなど)が表示される仕組み

まずは入門編として、WEBサイトが表示される仕組みをサクッと解説します。

※上記画像が「サーバー」です。世界中のWEBサイトがこのようなサーバー保管庫に、データを保存しています。

WEBサイトが表示される仕組み

すべてのWEBサイトは、上記画像のような「サーバー」とつながっています。

そしてそのサーバーから情報を受け取ることで、WEBページを見ることができます。

ちょっと分かりづらいですが、図にするとこのような感じです。

検索したり、ページをクリックしたり、URLを入力するとサーバーに「リクエスト」が送られます。

私達が日常的にWEBサイトを見ているのは、このように常にサーバーにリクエストを送っているからです。

するとサーバーから「レスポンス」が返ってきて、サイトが表示されるという仕組みです。

基本的には、ページが変わるたびに「サーバー」がレスポンスをくれるので、WEBサイトを見ることができています。

WEBサイトにはサーバーとドメインが必要

こんな感じでWEBサイトを表示するにはサーバーがないといけないので、
WordPressのサイトを開設するには「サーバーをレンタル」しなければいけません。

つまり、上記画像にあったようなズラッと並んだサーバー保管庫の中の「この部分は自分のサイト用のサーバーね」という感じでレンタルするわけです。

そして、どこのサーバーかわかるようにする目印のようなものが「ドメイン」と言われるものです。

当ブログなら「shoiblog.com」に当たる部分がドメインになります。

正確には、サーバーの場所は「IPアドレス」と呼ばれます。IPアドレスとドメインを結びつけることで、ドメインとサーバーが紐付けられます。

誰かが「shoiblog.com」というリクエストを送ったら、レンタルしているサーバーからレスポンスがきて、サイトが表示されるという仕組みです。

ようは、WEBサイトには「サーバーとドメインが必要だ」と覚えればOKです。

WordPressの開設は初心者でもチョー簡単

これで何となくWEBサイトの仕組みはわかったかと思います。

WordPressの開設の手順をまとめるとこの3ステップです。

  1. サーバーをレンタルする
  2. ドメイン(〜.com)を決めて、サーバーと紐付ける
  3. WordPressをそのサーバーにインストールする

これだけでWordPressを始めることができます。

昔まではこの一連の作業を全て自分でやらなければいけませんでした。

ですが今では、サーバーをレンタルするのと一緒に、ドメインを決めて紐付けて、WordPressのインストールまですべて自動でやってくれるサービスがあります。

申込情報を入力するだけなので、早ければ10分程度で開設ができます。

以下の記事で解説しているので、これからWordPressを始めてみたい方は参考にしてください。

【実質無料】WordPressブログの始め方|月10万サポート【失敗回避】

WordPressの仕組み:CMSとは

WordPressは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれる仕組みでできています。

本来WEBサイトというのは、HTMLやCSS、PHPといったプログラミング言語を使って作成するものです。

WordPressのようなCMSでは、このようなプログラミング言語がすでに組み込まれていて、
全く知識のない人でも直感的に操作して使えるようになっています。

例えば、この記事をWordPressを通さずに作成しようとするなら、このような感じで作成することになります。

なんかよくわかんないですよね^^;

ですが、WordPressで記事を作成するのはとても簡単。

こんな感じでエディタ画面に文字を入力していくだけで、簡単に記事を作成することができます。

難しいコードやプログラミングの知識がなくても、
直感的に記事を作成し、サイトをカスタマイズできるのが特徴です。

サイト全体のカスタマイズもできる

WordPressには「テーマ」と呼ばれるものがあり、テーマを変えるだけでサイト全体のデザインを一気に変えることができます。

こんな感じのサイトも無料テーマで作ることができます。

こんな感じの「ポートフォリオサイト」も無料テーマで作ることができます。

テーマは無数にあり、無料のものから有料のものまで様々です。

あとは自分が好きなデザインのモノを取り入れれば一気にサイトの見た目が変わります。

以下の記事でおすすめのWordPressテーマを紹介しています。

【無料&有料】おすすめWordPressブログテーマ9選【おしゃれシンプル】

WordPressを「カスタマイズ」するには基礎的なプログラムスキルは必要

こんな感じでプログラミングスキルが一切なくても、記事を作成したり、見た目を変えられるのがWordPressの特徴です。

また、HTMLやCSSの基礎的な知識を身につけるだけで、更にカスタマイズの幅を広げることもできます。

WordPressのテーマも自作することができるので、プログラミング言語を学んでみるとよりWordPressを楽しむことができますね。

WordPress初心者が覚えておきたい、最低限の仕組み

これからWordPressを始めたい、または開設したばかりの人が、
最低限覚えておきたいWordPressの仕組みを紹介します。

プラグイン

WordPressには「プラグイン」と呼ばれる拡張機能があります。

わかりやすく言えば、スマホに入れるアプリのようなものです。アプリを入れることで様々な機能を追加して、自分専用のスマホにしていくことができますよね。

こんな感じでWordPressにも様々なプラグインが用意されていて、自分にあった機能を付け足していくことができます。

  • 目次を自動で作成して、自動で表示してくれるプラグイン
  • お問合せフォームを簡単に作成してくれるプラグイン
  • バックアップを自動で取ってくれるプラグイン

こんな感じで、便利な機能をプログラミングの知識がなくても実装することができます。

当ブログでおすすめのプラグインは以下にまとめているので、参考にしてみてください。

【これだけ十分】初心者におすすめのWordPressプラグイン8選+α

HTMLとCSSの基礎知識

先程、HTMLやCSSなどのプログラミング知識が全くなくてもできるのがWordPressの特徴だと解説しましたが、基礎の基礎の部分を知っていれば更に楽にWordPressを使いこなすことができます。

なのでちょっとだけ説明しますね。

HTMLとは

HTMLとは、サイトの構造を決めるためのプログラミングの基礎言語です。

言葉で説明してもイミフだと思うので、例を上げるとこんな感じです。

こんな感じでHTMLのタグと言われる記号で文字を囲うことで、
その文字は文章の中で、どのような役割があるのか?」を指定することができます。

ちなみに全てのプログラミング言語には英語の文字としての意味があるので、簡単に覚えられると思います。

  • hタグ→「head」の略で、見出しという意味
  • pタグ→「paragraph」の略で、段落という意味
  • bタグ→「bold」の略で、太字という意味

こんな感じで、HTMLタグに限らず、プログラミング言語は記号としてではなく意味から覚えることで簡単に習得することができます。

英語ネイティブの人は、簡単に覚えられるのでいいですよね。

CSSとは

CSSとは、「WEBページの見た目」を決めるプログラミング言語のことです。

上記のように、さっき解説したHTMLのpタグ(段落タグ)の色をCSSで「赤」に指定することで、文字色が全て赤に変わります。

こんな感じで、CSSによってWEBページの文字からデザインまで変えることができるので、CSSの基本を学ぶだけで、ちょっとしたカスタマイズも簡単にできるようになります。

HTMLとCSSを学べば、自作のテーマまでは作れませんが、既存のテーマを自分でちょこちょこカスタマイズするレベルにはなれるので、簡単に学んでみるといいと思います。

本格的にプログラミングを学びながらWordPressをやるのも、相互に上達できるのでいいと思いますね。

代表的なプログラミングスクール

まとめ:WordPressの仕組みは簡単。初心者は知識なくてもできますよ。

以上、WordPressの基礎的な仕組みについて紹介してきました。

上記の知識がなくてもWordPressをやっていくことができますが、上記のような知識を持っているとよりスムーズに、そしてより楽しくWordPressをやっていくことができます。

パソコンに疎い方だと、最初は難しく感じるかもしれませんが、こういった基本的な仕組みを知ることで作業が楽しくなると思います。

自分好みのサイトデザインにしたり、より伝わりやすい文章を書くにも基礎的な仕組みを知っていて損はないと思うので、
WordPressやプログラミングの知識は徐々に身につけていきたいですね。

今回は以上です!

wordpressの使い方と手順の説明

【最速で学ぶ】WordPressの使い方|1週間で完了!【完全初心者向け】

シェアしてね!