『ゼロから始める力』~空想を現実化する方法~堀江貴文(著)【要約、感想】

shoi
【副業で人生変える】をテーマに、副業収入0円、フォロワー0人の状態で2020年4月1日より副業を開始した、shoi(しょーい)です。

Twitterアカウント:副業の記録をリアルに発信しています。

 

2020年4月7日発売のホリエモンこと堀江貴文氏の最新刊、

『ゼロから始める力~空想を現実化する僕らの方法~』

を読了しましたのでその要約と感想をお届けします。

 

 

この記事にはこのようなことが書かれています。

 

  • 『ゼロから始める力』の要約
  • 『ゼロから始める力』から学べる事
  • 『ゼロから始める力』はこんな人にオススメ

 

この記事を読めば、『ゼロから始める力』の要点が理解でき、

「さらに詳しく読んでみるか、要約だけでも満足できるか」

どうかが判断できるようになります(^^)

 

補足説明

本書『ゼロから始める力』は題名からすると自己啓発本のように見えますが、内容は『宇宙産業の知識とその重要性』に重きが置かれています。なので宇宙産業に興味がない方は要約だけで十分かもですでも、面白いですよ。




堀江貴文著『ゼロから始める力』の要約

 

『ゼロから始める力』の要点をまとめるとこんな感じ。

 

  1. 現在の生活にも宇宙産業は密接にかかわっている
  2. これからの日本に宇宙産業が必要な理由。
  3. 日本が宇宙産業で世界に勝てる理由

 

一つ一つ要約して解説していきます。

 

現在でも、様々なところで『宇宙産業』が用いられている

 

  • 宇宙行って何するの?
  • ロケット作ってどうすんの?
  • 意味あんの?

 

宇宙産業やロケット開発と聞くとこういった疑問を持つ人は僕だけではないだろう。

まずは身近なところで宇宙産業がかかわっていることが本書には示されている。

 

宇宙に関わる身近なもの

 

基本的には『衛星』に関わるものは全て宇宙産業、ロケットが関わってくる。(衛星はロケットが打ち上げるから)

 

  • ナビ⇒スマートフォンのナビ、カーナビ、ポケモンGOなどの位置情報ゲーム
  • 通信と放送⇒テレビのCS、BS放送、全地球インターネット
  • 地球観測⇒天気予報の雲の状況や、紫外線状況など
  • 科学観測⇒宇宙の観測や地球の観測

 

こう見てみると現在でも、

 

宇宙産業に関わらずに生きている人はほぼいない

 

と言えるくらい宇宙は身近なものになっていることがわかると思う。

 

宇宙産業は今後の日本の中心産業になりえる!

 

現在、世界的に大きな社会産業となっているのは、

  • デジタル産業
  • インターネット産業
である。

 

しかし、これらは、

GAFAMGoogle、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)」

といった欧米の企業に完全に先を越され、

日本が勝つことは事実上不可能である。

 

日本のメイン産業は「自動車産業!」。だった、、、

 

日本のメイン産業といえば、「自動車産業」だ。

  • トヨタ
  • ホンダ
  • 日産
などがこれまで日本の産業を支えてきた。

 

しかし、

今後はイーロン・マスク率いる「テスラ」を代表とする「電気自動車」の台頭によって今の自動車産業が根本的に変わり、

日本の中心産業である自動車産業は『10年後には崩壊』するだろう。

 

でも、

 

それを助けてくれるのが宇宙産業である。

 

日本が宇宙産業で世界に勝てる理由

 

堀江氏曰く、宇宙産業で日本が有利な点

 

  • 地理的にかなり有利
  • 自動車産業の技術やインフラ設備を宇宙産業に転用できる

 

という点だ。

 

北海道はロケット打ち上げに最も適している

 

ロケットの打ち上げ場所付近には、人が住んでいない広い土地が必要不可欠だ。

(ロケットを打ち上げるときに不要な部品を落としながら飛んでいくなどの要因のため)

また、ロケットは基本的に北か南か東側に飛ばす。

その観点から見ると、日本は、特に北海道は

北も、南も、東も広大な太平洋に囲まれている。

これだけの土地的好条件は日本しかない。

 

自動車産業の技術やインフラを宇宙産業に転用する

 

先ほどもご紹介したように電気自動車の台頭により、日本のガソリンによる自動車産業は潰れるだろう。

しかし、日本には自動車産業を支えてきた「優秀な技術者」や、機械を国産できるだけの「インフラ設備」などの大きな財産がある。

自動車産業は潰れても、その技術やインフラを宇宙産業に転用することで、

将来の日本は、他国を圧倒できる、宇宙産業大国になることも夢ではない。

 

だからこそ、日本は今すぐ宇宙産業に投資すべきだ!

 

(要約、終わり)




 

堀江貴文著『ゼロから始める力』から学べる事

 

 

常に学び、自分をアップデートしよう

 

かつてない速さで世界は変わっている。

「宇宙?そんなの私には関係ない!」

本書を読めばこんなことは言えなくなる。古い人間は今まで以上に淘汰されていくことが実感としてわかると思います。現代は、常に学び、アップデートする人でなければ取り残される時代なんですね。

 

どんなに荒唐無稽に見えることでも「まず動く」ことから始めよう

 

堀江氏がロケットを作り始めたのは、子供の頃から百科事典で見た宇宙やロケットの知識について頭の片隅にあったこともあるが、ひょんなことから「ロケットのアニメを作ってみたい」というところから始まったらしい。そして、それがリアルに実現できそうだとわかり宇宙産業の構想ができた。「まずは何かを始める」そこからアイデアやビジネスチャンスは生まれることがわかりますね。

 

何かを実現したければ、どんな状況でも、できることはあるし、前に進むことはできる

 

「前例の少ないロケット開発には特殊な部品や高額の資金が必要だった。引き受けてくれるところはほとんどなかったが、とにかく何十社も頭を下げてお願いしていたら引き受けてくれる工場があった。」どんな状況でも実現したい目標があれば、できることがあると教えてくれる内容ですね。

 

とにかく動いてそれから学ぶ

 

ロケット開発の知識なんてほとんどの人が持っていないし、作ったことがある人となると皆無に近い。そんな中でも、『「まずは飛び込む」「まずは動く」そうして失敗を繰り返しながらも学ぶことで成長する』ということを本書全体で伝えているように思えました。




堀江貴文著『ゼロから始める力』はこんな人にオススメ

 

本書は上記のような宇宙産業の知識に関することが大半を占めています。

 

宇宙産業の知識を深く学びたい方に、本書はオススメですよ(^^)/

 

『多動力』に代表されるような自己啓発的な内容を期待している方はこのブログの要約だけで十分かなと思います。(ゴメンナサイ)

 

 

感想:ゼロから何かを始めること

 

僕はおよそ1週間前(2020年4月1日)から、副業としてブログ、アフィリエイトを始めました。

副業経験ゼロ、ブログ経験ゼロ、フォロワーゼロ、もちろん収益もゼロでしたが、

この本で言われているように、

まずは動き」始めました。

 

何とかなる

 

こんなゼロからスタートしたブログでも、記事を書きながら色んなことを学んでいると、

「案外何とかなるんだな。」と改めて感じます。

まだまだ結果は出ていませんが、これからも「まずは動き」それから「必死に学ぶ」ということを繰り返し、常に自分をアップデートしていきたいと思っています。

 

まずは動き、始めよう!

 

  • 新しいことを始めたいけど何をすればいいのかわかんない。
  • 副業をやってみたいけど最初の一歩が出せない。

 

当ブログを是非参考にしてください!

 

  • ゼロからでも何か始められるんだ!
  • こんなやり方もあるんだ!
  • こんな生き方もあるんだ!
ということが伝われば嬉しいです(*^^*)

 

しょーいのプロフィール(当ブログについて)

副業の元手『5万円』を今すぐ稼ぐ方法【スマホOK】

 

それでは!

 

shoi
これからも副業リアルをよろしくお願いします!

Twitterアカウント:副業の記録をリアルに発信しています。

 




シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です