【悲惨】読書する5つのデメリット【メリットは遅れてやってくる】

読書初心者
読書のデメリットって何だろう?「読書はいいものだ」ってみんな言うけど、ホントにそうなのかな?メリットも含めて知りたいな。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
読書歴10年、年300冊以上読書をしています。

突然ですが、以下の風刺画をご存知ですか?

僕は18歳まで読書経験ほぼゼロだったので、
一番左の状態の意味もわかるし、真ん中の状態も経験しました。

なので上記の風刺画は、割と当たってるなと思います。

今回は上記の風刺画の「真ん中の状態」になると感じる、
読書のデメリットを5つに分けて解説します。

全員経験するかはわかりませんが、
読書をしていくと(数百冊〜数千冊の間くらい)高確率で、これから紹介する読書の5つのデメリットに陥るはず。

これから読書で知識や教養を身につけたいと思っている方は、事前に知っておくことで、
このデメリットを回避し、より読書のメリットを得られると思います。

読書で起こる、悲惨な5つのデメリット

結論から言うと、読書のデメリットは以下の5つです。

  1. 頭が良くなったと錯覚する
  2. 周りの人と話が合わなくなる
  3. 自分の頭で考えなくなる
  4. 想像の世界に浸り、現実が汚く見える
  5. 現実世界で行動しなくなる

多くの読書好きがこの道を通ると思いますが、
事前に知っておくことである程度回避できると思います。

「読書家」と言われる人が、このデメリットに支配され続けていることもあります。

抜け出せなくなる前に、知っておきましょう。

デメリット1:頭が良くなったと錯覚する

読書を継続していくと、全く本を読まない人に比べて知識が豊富になります。

ですが「知識が豊富=頭がいい」ワケではありませんよね。

ここのところを勘違いすると、
自分は頭が良くて他の人は馬鹿なんだと思い込んでしまいます。

「頭がいい」というのはすごく曖昧な言葉でして、何を持って頭がいいとするのかは見方によります。

例えば、テストの成績は良くないけど、
何かのスポーツで日本一の人は「身体能力」という頭の良さはピカイチですよね。

体を動かすのは脳の働きによるものなので、
「身体能力が高い=頭がいい」とも言えるわけです。

こういったことからも一概に、
本を読んでいて知識があることを、頭がいいと思うのは間違いです。

脳の機能を一部切り取って、優劣をつけても意味なしです。

デメリット2:周りの人と話が合わなくなる

知識が豊富になり、価値観が広がると周りの人と話が合わなくなります。

周りの人というのはざっくり言えば、「常識」と言われるふわっとした価値観しか持たない、人として成長することに興味を示さない人です。

残念なことに大抵の人が、人として成長したいと思っていません。

※個人が悪いのではなく、社会の仕組みがそうさせてます。

なので読書などを通して人として成長していくと、どんどん孤立していきます。

成長をしない人は、みな同じような価値観で、同じような趣味を持ち、同じように行動するので、話していても面白くないと思ってしまうからです。

ですがそれを乗り越えて成長を続けると、
同じく「人として成長したい」と思っている人に出会えます。

そして数は少なくても、圧倒的に質の高い人間関係で結ばれます。

なので最初は孤独を感じ不安になることもあるかもですが、
逆にコレは読書のメリットだとも言えますね。

成長しない人は、ある意味誰とも繋がれないので。

デメリット3:自分の頭で考えなくなる

読書するとは、自分でものを考えずに、代わりに他人に考えてもらうことだ。それは生徒が習字のときに、先生が鉛筆で書いてくれたお手本を、あとからペンでなぞるようなものだ。

created by Rinker
¥704 (2020/09/20 20:40:40時点 Amazon調べ-詳細)

哲学者ショーペンハウアーの著書「読書について」に、上記のような記述があります。

これはホントにその通りでして、
本を「読むだけ」ではほとんど意味なしです。

語彙力が増えたり、読解力が多少増したり、「読む技術」は高まりますが、
本を読む目的は、本を読むことではありませんよね。

読書の目的は、「人生をより良くすること」であって読書は「手段」なはず。

そこを履き違えて「読書する人は偉い!」「数万冊読む私は偉人である。」とか思っている、自称読書家は何の価値もありません。

実際に歴史上の哲学者や思想家と呼ばれる人たちも、読書家であると同時に壮絶な人生を歩んでいる人が多いです。
だからこそ、血の通った偉大な本を書けるのだと思います。

読書は手段であって、その後の行動が伴わなければ意味はないと覚えておきましょう。

デメリット4:想像の世界に浸り、現実が汚く見える

本で語られる多くのことは「理想」です。

なので本ばかり読んでいると理想と現実のギャップで、
現実世界が「汚い世界」に見えてきます。

「理想の世界や人間はこうあるべきなのに、現実の世界や人間はなんて醜いんだ!」

みたいな感じです。

これこそまさに冒頭の風刺画の状態ですね。

ですがコレはまだ自分の考えが未熟である証拠なだけ。

現実というのはもっと立体的です。
そもそも自然とは美しく、且つ、汚いものですよね。優しい時もあれば、容赦なく命を奪うこともあります。

今まで薄っぺらなきれいな世界しか見ていなくて、本の中でも理想ばかり見ていた人にとっては、「ようやく汚い世界を見れた状態」といったところです。

彼女と数ヶ月付き合って初めて寝泊まりした時にスッピンが衝撃的だった。みたいな(違うかw)

兎にも角にも、読書してるとそんなこともあるだろうけど、
頑張って乗り越えてください。

デメリット5:現実世界で行動しなくなる

最終的に一番コワい読書のデメリットは、現実世界で行動しなくなることです。

  • 自分は頭がいいと思って、他人から学ぼうとしなくなる
  • 周りの人と話しが合わないと思って、誰とも会わなくなる
  • 本の内容をトレースしてるだけなのに、自分の考えだと思い込む
  • 現実は汚いものだと決めつけて、ヘイト発言しかしなくなる

上記で解説してきたように、
本の世界に閉じ込められた人はこうなります。

すべて自分の頭の中で完結させて、現実では何も行動しません。

つまり何も変わっていないということ。

悲惨ですね。

読書は世界を広げてくれるものだと確信していますが、
「現実と向き合わない読書はホントに危険」なので十分注意してくださいね。

読書のメリットは遅れてやってくる。デメリットのあとに気づくこと。

以上、読書の悲惨なデメリットを5つ紹介してきました。

もう一度冒頭の風刺画を出しますが、
読書の本当のメリットはかなり遅れてやってきます。

  • きれいだけど表面的なお花畑の世界でもなく
  • 汚く醜い世界の一面でもなく

自然を、世界を、人間を「ありのまま」に捉えられるようになってきます。

なぜなら、様々な知識を得て、異なる価値観に触れて、理想も汚い現実も見ることによって、様々な視点を持てるようになるからです。

これこそが読書の最大のメリットだと僕は思っています。

どのくらい読めばそのメリットにたどり着くのか?

読書初心者
一体何冊読めば、そんな状態になれるんだろう?

結論から言えば、読んだ本の数で計れるものではありません。

  • キリスト教の聖書1冊を読み込むことで、辿り着ける人もいるかも知れません。
  • 古典を10冊選び、丁寧に読み込んで、生涯を通して実践するならそれだけでも十分かもしれません。
  • 流行のビジネス書を1万冊読んでも、一向に成長しないこともあります。

コレに関しては先程も紹介した、
哲学者のショーペンハウアーの「読書について」で学べることが多いと思います。

created by Rinker
¥704 (2020/09/20 20:40:40時点 Amazon調べ-詳細)

読書をしないデメリットは数限りなくあります。

読書のデメリットがテーマだったので嫌な面ばかり強調しましたが、
読書を「しない」デメリットに比べれば、絶対に読書すべきです。

何度も繰り返して申し訳ないですが、
読書をしない人は下記の風刺画のように「薄っぺらなお花畑の世界」を見続けるだけです。

そこには本当の苦しみもなければ、本当の感動もありません。

読書をしないデメリットは以下の通り。

  • 語彙が増えないので、思考力が育たない
  • 価値観が広がらないので、人として成長しない
  • 人生がどんどんつまらなくなって、なんとなく死ぬ。

読書を「する」5つのデメリットに怯えずに、
ぜひ読書をしてありのままの世界を愛してほしいと思います。

読書しましょう。

おわり。

【保存版】読書初心者の大学生におすすめ【人生を変える本8選】

【初心者向け】読書で教養を高める『おすすめ本(古典)10選』

シェアしてね!