【自分語りするな】ブログの自己紹介記事の3つの例文【EATを書け】

ブログ初心者
ブログの自己紹介ページの書き方が知りたいな。基本的な型があればそのテンプレートとか例文も合わせて知りたい。
こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイ(@shoi_ss)です。
ブログ歴は9ヶ月ほどで、開設から毎日更新を継続中です。

この記事を読めばブログ初心者の方でも、自己紹介(プロフィール)ページの書き方に困ることはなくなります。

なぜなら、ここで紹介するブログの自己紹介の例文は、
結果を出しているブロガーのプロフィールページの書き方であり、Googleが定めている方針にも基づいた書き方だからです。

本記事の内容

  • ブログの自己紹介ページの重要性
  • 【例文つき】ブログの自己紹介ページの書き方
  • ブログの自己紹介を書いたあとにやること

この記事を読み終われば、ブログ初心者の方でも魅力的な自己紹介文を書くことができ、
Googleからも読者からも評価される、自己紹介ページを作ることができます。

ブログの読者を増やし、収益を伸ばしたい方は必見です。

ブログの自己紹介(プロフィール)例文の前に

ブログ 自己紹介 例文

おそらく、この記事を見ている方はブログ初心者の方が多いかと思います。

そんなあなたにまず伝えたいことが「ブログ初心者が自己紹介記事に力を入れる必要はない。」ということ。

なぜなら、ブログを始めたばかりで読者に価値を提供していないあなたに、興味を持つ人はほぼいないから。

つまり、自己紹介記事に注力して「自分語り」するのは、記事を書いて価値を提供するなり、実績を出してからにしましょう。ということですね。

とはいっても

自己紹介を一切書かないのも勿体ないです。

最低限の自己紹介やプロフィールを書いておき、最低限の「信頼性」や「共感性」を与えることは大切なことです。

順番にするとこんな感じ。

  • ブログ始めたばかり→ブログの目的(有益性)と最低限のプロフィールで「信頼性」を与える。
  • ブログで価値ある情報を発信出来てPVが増えてきた→「共感」を生むあなたのストーリーを付け加える。
  • ブログの読者(ファン)がついてきた→あなた自身のファンになってもらえる、さらに興味深い話を付け足す。

こんな感じの流れが理想です。

自分語りをするのは、飽くまで読者がある程度ついてきてからにしましょう。

アクセスもないのに自己紹介ページにリソースを費やすのは、けっこう無駄です。

ブログの初投稿で、自己紹介記事は書かなくていい理由

ブログの初投稿で自己紹介の記事を書く方も多くいますが、それもやめた方がいいです。

理由は上記と同じで、誰も興味ないから。

まずは良質な記事を投稿していき、価値の提供をしていきましょう。

ブログの自己紹介ページは固定ページで書こう。

WordPressブログには普段の投稿とは別の「固定ページ」というものがあります。

自己紹介ページは投稿記事ではなく、この固定ページに書いてグローバルメニューやサイドバーに掲載するのが基本です。

固定ページの作り方は下記記事でまとめています。

【詳説】WordPressの固定ページとは/編集7つの手順【表示されない対処法も】

ブログの自己紹介(プロフィール)には画像を使おう

ブログの自己紹介(プロフィール)は自分の顔写真、または、イラストを必ず載せましょう。

写真があった方が人となりを想像しやすく、読者が親しみを感じやすいからですね。

写真のない文章だけの自己紹介文って感情移入しにくいですよね?

「人は見た目が9割」とも言われているくらい重要な要素なので、
顔写真またはイラストで怪しさをなくすのはけっこう重要だったりします。

実際の顔写真を晒したくない方は、ココナラとかでセミプロの方に安くイラストを書いてもらうのもオススメです。

自己紹介のあとは読んでほしい関連記事に誘導しよう

せっかく自己紹介ページで、ブログやあなたのことに興味を持ってもらったのに、最後に行動を促さないのは勿体ないです。

なので、自己紹介文の中にはブログで人気のある記事や、イチオシの記事を関連記事として貼っておくのがおすすめ。

すると興味のある人はいろんな記事を見てくれて、ブログ全体のPV数の増加に繋がります。

ブログの自己紹介(プロフィール)例文・書き方【テンプレート付き】

ブログ 自己紹介 例文

それでは早速、ブログの自己紹介(プロフィール)の例文や書き方を紹介していきます。

結論から言うと、ブログの自己紹介ページは「E-A-T」を意識して書きましょう。

EATとは以下の3つの頭文字をとった言葉です。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness (権威性)
  • TrustWorthiness (信頼性)

とりあえずこれを満たしていればOKです。

何故このEATを書くべきかというと、GoogleがサイトのE-A-Tをかなり重視しているからです。

The amount of expertise, authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T) that a webpage/website has is very important. MC quality and amount, website information, and website reputation all inform the E-A-T of a website.

ウェブページ/ウェブサイトが持つ専門性と権威性、信頼性 (E-A-T) の量はとても重要です。メインコンテンツの質と量、ウェブサイト(運営者)の情報、ウェブサイトの評判はすべてウェブサイトのE-A-T情報に関わります。
引用:検索品質評価ガイドライン

上記をよりわかりやすく言うと、こういうこと。

自己紹介ページでもしっかり専門性や権威性、信頼性を示す情報を書いてくださいね!そしてそういうサイトをGoogleは評価しますよ!

※「Googleに評価される=検索上位に上がりやすくなり、アクセスが増える」ということです。

ではこのEATに基づいた、ブログ初心者、中級者、上級者向けの例文とテンプレートを用意したので、以下の例文やテンプレートをマネしながら書いてみてください。

何度も言いますが、一番大事なのは読者にとって価値ある記事です。

詳しい自己紹介は、ブログの中身で価値提供できてからでも十分なので、
特に初心者の方は自己紹介は型通り(例文通り)に書いて、価値提供できる記事の方にまずは力を入れていきましょう。

ブログ初心者の自己紹介(プロフィール)の例文・テンプレート

ブログの自己紹介の例文は、全部ここで書くと長くなるので、
以下のリンクからご覧ください👇(当ブログの自己紹介です)

» ブログの自己紹介の例文(当ブログの自己紹介&サイト説明)

これをテンプレートにまとめるとこんな感じになります。

ブログの自己紹介(プロフィール)のテンプレート

  • 顔写真またはイラスト画像を貼る(信頼性)
    →読者に安心感を持たせるためにも、できるだけ運営者の写真またはイラストを載せましょう
  • ブログの目的と運営方針(有益性)
    →このブログを読めばどんな有益なことが書かれているのか?について端的に書きましょう。
  • 実績や成果があれば記載する(権威性、専門性)
    →資格や実績があるならできるだけ画像やデータを公開して権威性、専門性を示しましょう。
  • どんな人にこのブログを読んでほしいのかを伝える
    →このブログはどんな人に読んでほしいのか、その人にどんなメリットがあるのか
  • 誘導したい記事の添付
    →読んでほしい・誘導したい関連記事を載せましょう
  • 簡単なプロフィールを載せる(共感性)
    →簡単なプロフィールを書くことで、共感性を与えましょう。
  • 連絡先、問い合わせページ(信頼性)
    →連絡先やお問い合わせフォームを載せることで、さらに信頼性が増します。

お問合せフォームやプライバシーポリシーページの作り方は、下記記事でまとめています。

【初心者も簡単】WordPress問い合わせフォームの作り方【ContactForm7】

【雛形あり】ブログのプライバシーポリシーの作り方【WordPress】

ブログ中級者の自己紹介(プロフィール)の例文・テンプレート

ブログ記事が充実してきて、ある程度記事が読まれるようになってきたら、
さらに自己紹介文を充実させていきましょう。

とはいえブログ中級者の自己紹介の例文は、上記のブログ初心者の自己紹介文の例文と変わりません。

上記のテンプレを、さらに詳しく書くだけでOKです。

なぜなら、ブログが多少読まれるようになったとしても本来読者は、あなたに興味があるのではなく、有益なブログ記事に興味があるから。

例えば、ブログ界隈で有名なマナブさんの自己紹介文にしても最後の方に、ちょこっとしか自分自身の自己紹介、プロフィールを掲載していません。

※ほとんどが自分の実績や今までやってきた仕事の内容になっています

» マナブさん(マナブログ)のプロフィールページ

自分語りより、実績やデータなどの信頼性の方が大切なことがわかりますね。

ブログ上級者の自己紹介(プロフィール)の例文・テンプレート

ブログの固定読者やファンがついてきたブログ上級者は、さらに読者の共感を得るための自分のストーリーを追加していきましょう。

この時の注意点は「自分語りのページは別記事に書いてリンクにすること」。

なぜなら、どんなに固定読者がついても全ての人があなたのファンではないから。

「読みたい人は読んでくださいね!」という気配りをすることが大切です。

例えばブロガー界隈では有名な「ヒトデブログ」なんかもその方法を使っています。

こんなことまで言ってます。

ブログ 自己紹介 例文

他のブロガーさんのプロフィールとか見るとこういうの書いてあって、僕も書こ、みたいな。プロフィールに貼り付けるようだよ!
九割五分くらいの人は興味ないと思うし長いんで、お時間あって興味のある方だけ読んでください
引用:ヒトデブログ

有名ブロガーでもこのように自分語りは別記事でやっているので、実績のない方はなおさらそうした方が良さそうです。

ブログの自己紹介を例文通りに書いたら、次にやること

ブログ 自己紹介 例文

では、ここまでのブログの自己紹介(プロフィール)の書き方をまとめるとこのようになります。

  • ブログの自己紹介は「信頼性」「権威性」「専門性」のEATを書こう
  • ブログ初心者の方のブログの自己紹介は、例文を参考に最低限のみでOK
  • 実績やファンがついてきたら自己紹介文を詳しく(別記事で)書いていこう

その他本文中で紹介した関連記事はこちら。

このようにブログの自己紹介ページを書くことができたら、
早速、読者にとって有益な記事を作成していきましょう。

「じゃあ有益で、質の高い記事を書くにはどうしたらいいの?」

という方は、以下の記事で、ブログ記事の書き方などを詳しく説明しているので、
是非参考にしていただいて、良質なブログ記事を作っていってください!

ブログ型アフィリエイトの教科書【完全初心者⇒月10万円稼ぐ方法】

【無料公開】SEO対策の勉強ロードマップ【基本から設定方法まで解説】

【最速で学ぶ】WordPressの使い方|1週間で完了!【完全初心者向け】

それでは、よいブログライフをお送りください_(:3」∠)_

シェアしてね!


【最短5分】スマホでできるWordPressブログの始め方【初心者OK】



【最短5分】初心者でもスマホでできる「WordPressブログの始め方」をご存知ですか?この記事では、初心者にもわかりやすくスマホブログの始め方から、その後の設定や運営方法まで丁寧に解説しています。


ショーイshoi
WEBライター/副業ブログで生活中。大学を1年で中退→地獄のバイト生活→モデル・俳優として活動→WEBマーケ&ライター業→副業ブログ開始→開設9ヶ月で、月20万円達成→本業と合わせてちょい安定。普段はボロアパートに引きこもりつつ、猫と戯れて生活中。ブログノウハウを中心に「会社に頼らず生きる」有益情報を発信。

1 個のコメント