SEOをハックする|検索上位を独占するサイトの3つの特徴と具体的方法

ブログ初心者
SEOで検索上位をハック(独占)したいです。何か裏技的なものがあるのでしょうか?具体的な方法を教えてください。

こんな悩みを解消する内容になっています。

結論から言えば、SEOで検索上位をハックする方法はあります。

なぜなら、実際に特定のキーワード(ジャンル)で上位を独占しているサイトがあるから。

この記事では、『SEOで検索上位を独占しているサイトの特徴➤SEOをハックする具体的方法』という順番で解説していきます。

この記事で書いていることを実践していけば、あなたのサイトでも特定のジャンルで検索上位を独占できる可能が高まります。

SEOで検索上位をハックしているサイトの3つの特徴

SEOで検索上位をハックするには、実際に検索上位によくいるサイトの特徴を知ることが重要。

ということで、こういったサイトの特徴をまとめると下記の3つがあります。

SEOで検索上位をハックしているサイトの3つの特徴

  1. サイトの運営期間が長い
  2. 関連記事が豊富にある
  3. 関連サイトからの被リンクが多い

一つ一つ見ていきましょう。

サイトの運営期間が長い

検索上位にいるサイトは、基本的にサイトの運営期間が長いです。

理由は単純で、運営歴が長いほど記事の量が豊富でサイトへのアクセスも多い傾向にあるから

ここで勘違いしてほしくないところが、低品質な記事を量産しまくるサイトではどれだけ運営歴が長くても評価はされないということ。

良質な記事を書いているサイトなら運営歴が長いほど固定読者も増え、アクセスが安定するのでそれだけ評価されるということですね。

関連記事が豊富にある

SEOをハックしているサイトは、特定のカテゴリーに関する記事が豊富にある傾向があります。

特定のカテゴリーに絞って記事を書くことで、サイト内での回遊率が高くなりPV数が向上するからです。

具体的に言えば、雑記ブログのように全く関連のない記事を量産するよりも特化型のサイトの方が検索上位を独占しやすくなります。

関連記事が豊富にあると、そのジャンルのキーワードの検索上位をハックしやすくなるということですね。

関連サイトからの被リンクが多い

特定のジャンルのキーワードで検索上位を独占しているサイトはやはり被リンクが多い傾向にあります。

被リンクを集めることは自分の力ではどうしようもできないことですが、上記の2点「サイト内容を特化させて長い期間発信する」をしていけば結果的に被リンクが集まります。

よく「SEOには被リンクが大切だ」ということを聞きますが、勘違いしてはいけないのが被リンクは結果であって手段ではないということ。

確かにSEOで上位を取るには被リンクが必要ですが、関連するジャンルからの被リンクでなければ効果はほとんどないので自作自演の被リンクをやっても意味がありません。(逆に飛ばされます)

被リンクをSEOの手段だと勘違いしていると自作自演の被リンクをやりがち。

関連するサイトからの被リンクを集めるためにも、被リンクは後からついてくるものと考えサイトを運営していきましょう。

SEOをハックする具体的3つ方法

では、上記のSEOの検索上位を独占しているサイトの特徴が理解できたら、具体的に実践していきましょう。

SEOをハックする具体的3つの方法

  1. 得意分野を絞り記事を量産する
  2. 内部リンクを設置してサイト内での滞在時間を延ばす
  3. SNSでも積極的に発信する

得意分野を絞って記事を量産する

サイトを長期間運営するには、発信する内容について豊富な経験があったり、まだそこまで経験がなくても記事を書きながら学び続けられることでなければ続きません。

全く知識がないことや特に好きでもないことを何年もブログに書ける人はそうはいないですよね(^-^;

なので、まずは自分が得意なこと好きなことを発信することが大切。

更にそのジャンルの中でも「どのような人に向けて書くのか」を具体的に決めることでサイト全体の専門性や信頼性が増します。

途中で進路変更してもOK!

ブログ運営をしていく中で別のジャンルに挑戦していくのもOKです。

ですがその時に、一つのカテゴリーを数記事しか書いていない状態で様々なジャンルの記事を書いたらそれはただの雑記ブログなので、

関連するカテゴリーのジャンルにスライドさせていくというイメージがいいかと思います。

例えば、今までスマホゲームについて書いていたけど、次はVRの最新情報について書くという感じですね。

そうすれば今までの読者も引き続き見てくれる可能性もありジャンルも関連しているので、SEO評価もある程度引き継げます。

ブログ 目的

【継続が苦手な方向け】「ブログを書く目的」を考えることのススメ

内部リンクを設置してサイト内での滞在時間を延ばす

カテゴリーを絞って記事を書いていくことによって、記事の中に内部リンクを設定しやすくなります。

内部リンクを上手く設定できるようになるとサイト全体のPV数が増えるのでいろんなキーワードで検索上位を独占できるようになるということ。

その他にもSEOの内部対策は大前提として取り組むべきものなので、以下の記事を参考に基礎を固めていきましょう。

【もれなく公開】SEO内部対策|18の成功法則【アクセス30%UP!】

SNSでも積極的に発信する

自分で被リンクを増やすことは難しいですが、ブログを運営するだけでなくTwitterなどのSNSで発信することで早くからサイトを知ってもらえてアクセスを増やすことができます。

また、ブログで発信する内容とSNSで発信する内容を同じにすることで、SNS経由で被リンクを貼ってもらえる可能性が上がります。

結果SEOでも上位表示されることにつながるので、積極的にSNSで発信していきましょう。

2020年以降のSEO対策は被リンクよりもE-A-T

2020年5月5日に行われたGoogleのコアアップデートでは、SEOの順位変動が過去最大級の動きを見せました。

そしてその時に順位を上昇させたサイトの特徴はE-A-Tを満たしていたサイトだったようです。(参考:【400サイトを調査】Googleコアアップデート(2020年5月)の傾向と対策

E-A-Tとは「専門性」「権威性」「信頼性」の三要素のこと。つまり、上記で解説したことに当てはめると下記の通り。

  • サイトのテーマを特化して関連記事を網羅する=専門性の構築
  • 関連サイトからの被リンクが豊富にある(SNS発信を強化する)=権威性の構築
  • サイトを長期間運営する=信頼性の構築

という感じで上記で説明した要素を満たしていけばどんなサイトでもSEOをハックできるサイトに育てていくことができます。

SEOをハックするのは一朝一夕でできることではありませんが、逆に、一度E-A-Tを満たすサイトを作ってしまえば様々な関連キーワードで検索上位を独占できるということなので気長にサイト運営をしていきましょう。

EAT SEO

【SEO対策で最重要】『E-A-T』とは|知らないと順位が上がりません

SEOをハックする方法まとめ:上位独占には時間がかかる

以上、SEOをハックして検索上位を独占する方法を解説してきました。

最後にまとめるとこのようになります。

SEOをハックし検索上位を独占する方法まとめ

  • サイトを長期間運営して「信頼性」を構築すること
  • サイトを特定のジャンルに特化させて「専門性」を構築すること(途中変更OK)
  • ブログと同時にSNSなどでも発信をして「権威性」を構築すること

闇雲に記事を更新してもブログのアクセスは伸びていかないので、基礎的なSEOテクニックを基に分析しつつ上記のE-A-Tを伸ばしていきましょう。

SEO対策マスターガイド【基礎知識から応用まで徹底解説】

以上です!

しょーい
気に入っていただけたらシェアお願いします!

当ブログ『shoiblog』では、Wordpress、SEO、アフィリエイトを中心に毎日投稿しています。

Twitterもやっているので、フォローよろしくお願いします!

シェアしてね!