【老舗】アクセストレードの審査基準と「落ちた時」の対処法

アフィリ初心者
アクセストレードの審査は厳しいのかな?審査基準とか、審査落ちした時の対処法が知りたいな。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
ASPに10社以上登録していて、アクセストレードもよく利用するASPの1つです。

2001年からサービスがスタートしている「老舗のASP」なので信頼感もあります。

そんなアクセストレードの特徴や、
審査基準、審査に落ちた時の対処法まで解説します。

本記事の内容

  • アクセストレードとは。概要と3つの特徴。
  • アクセストレードの審査基準(記事数や審査期間など)
  • アクセストレードの審査に落ちた時の対処法

アクセストレードの審査は、他の大手ASPと比べても、
特に厳しくはありません。

早めに登録して案件を確認しておくことで、
アフィリ初心者でも、最速でアフィリエイト収入が得られるようになりますよ。

※最後にはアクセストレードのデメリットも紹介していますので、参考にどうぞ。

アクセストレードとは。審査概要と3つの特徴。

アクセストレードとは、2001年から運営している大手の老舗ASPの1つ。

1999年に日本で最初のASP「バリューコマース」ができたので、その2年後にはアクセストレードもサービスを開始しているわけです。

アクセストレードを利用しているアフィリエイトサイトは70万サイト以上と言われ、
広告数は累計で約2万5千件らしいです。

運営会社の株式会社インタースペースは、東証マザーズに上場しているなど、
信頼感のあるASPになります。

アクセストレードの3つの特徴

アクセストレードの特徴を、3つほど紹介します。

1:求人、ゲーム、金融系の広告に強い

アクセストレードの広告案件の中でも特に強いジャンルが、
「求人、ゲーム、金融系」と言われています。

特に「無料会員登録」をしてもらうだけで成果が発生する案件が多いのが特徴で、
アフィリエイト初心者でも成果を上げやすい広告が多いです。

数千円のものを売るアフィリエイトだと、初心者にとってはハードルが高いと思いますが、無料登録なら誰でも簡単におすすめできますよね。

もちろんその他のアフィリエイト広告も充実しているので、
登録をしたら、まずはどんな案件があるのか確認してみましょう。

2:アフィリ初心者にも優しいサービス多数

アクセストレードには、下記のようなアフィリ初心者に優しい機能が多数あります。

  • アフィバックモール:自己アフィリエイトとも呼ばれるもので、自分でアフィリエイト商品を買うことで報酬がもらえる仕組み。成果を上げる感覚を掴むのに便利。
  • アフィリエイト大学&動画セミナー:アクセストレードでは、独自でアフィリエイトの手法を学べる講座が開かれていて、無料で学ぶことができます。
  • その他便利な機能多数:その他にも貼るだけのテンプレートバナーや、サイトに貼るだけで成果がもらえる広告などがあります。

アフィリエイト初心者にとって嬉しいサービスが充実していることが、
アクセストレードの特徴ですね。

3:最低支払報酬額は1,000円と良心的

アクセストレードでは、報酬は1000円から受け取ることができます。

最低支払額が5,000円とかのASPも多いので、こちらも良心的ですね。

振込日は、未払い報酬金額が1000円を超えた月の、翌々月15日です。

振込手数料は無料です。

アクセストレードの審査基準

アクセストレードの審査基準を、ポイントを絞って解説します。

アクセストレードの審査基準

引用:パートナー利用規約、第5条より

アクセストレードの登録者やサイトの審査基準は、上記の通り。

公序良俗に反するサイト、違法なサイトはNGといった、
当たり前の項目しかありません。

アフィリエイト禁止のブログサービスはNG

アフィリエイトを禁止しているサーバーおよびブログなどで、
登録申請をすると審査に落とされます。

例えば、アメブロのような無料ブログサービスなどですね。

アフィリエイトで稼ぐ基本は、自分のブログサイトを作ることなので、無料ブログサービスしか使っていない方は、WordPressブログを検討しましょう。

【最短5分】スマホでできる『WordPressブログの始め方』【初心者必見】

アクセストレードの審査に合格できる記事数の目安

記事数の目安は「5記事以上」かなと思います。

公式には「内容が乏しい、または不明の場合」非承認とすると書いてあるだけなので、具体的にはわかりません。

僕が合格したときはたしか10記事に満たないくらいだったし、口コミなども調査してみると2〜3記事で合格した例も多く見つかったので、5記事あれば十分かなと。

ただし低品質の記事や文字数が極端に少ない(1,000文字以下など)場合は、
5記事あろうが10記事あろうが審査に落ちる可能性はあります。

とはいえ再審査はいつでもできるので、普通にサイトを運営しつつ、
申請すればまず落ちることはないでしょう。

アクセストレードの審査期間

アクセストレードの審査結果は、「3営業日以内を目安」に、登録したメールアドレス宛にきます。

3「営業日」なので、土日や連休を挟んだ場合は1週間くらい掛かる可能性もありますね。

2週間とか経ってもメールが来なければ問い合わせたほうが良いかもですが、気長に待ちましょう。

アクセストレードの審査に落ちた時の対処法

アクセストレードの審査に落ちたら、審査基準を見直してサイト改善をしつつ、
再申請をしていきましょう。

落ちた理由は教えてもらえない

どこのASP審査でも同じですが、審査に落ちてもその理由は教えてもらえません。

なので上記で紹介した審査基準を見直してサイト改善をしつつ、再申請を申し込みましょう。

最低限のチェックリストはこちら

  • 記事数が5〜10記事以上ある
  • 文字数は2,000文字以上書いてある
  • 日常の日記ブログではなく、読者を想定して役立つ情報が書かれている
  • 有名人の写真を盗用していたり、著作権侵害(コピペ文章など)をしていない
  • できればプライバシーポリシーやお問い合わせページがあるといい

上記を全てクリアしているなら、まず落ちないかなと。

WordPressのプライバシーポリシーページや問い合わせフォームの作り方は、下記を参考にどうぞ。

» WordPressのプライバシーポリシーの作り方

» WordPressのお問い合わせフォームの作り方

審査に落ちたら「再審査」を申請しよう

サイトの再申請の方法は、
アクセストレードの問い合わせフォームから行います。

» アクセストレードのお問い合わせフォームはこちら

上記のように、お問い合わせ区分から「登録再審査」を選択しましょう。

※受付IDというのは、最初に登録申請したときの「申請内容確認メール」に記載されています。

あとは指定の入力欄に記載していくだけでOKです。

アクセストレードのたった1つのデメリット

最後になってなんですが、アクセストレードのデメリットを1つ挙げます。

それは「報酬単価が低め」ということ。

アクセストレードにしかない案件なら関係ないですが、他のASPにもある広告なら、
報酬額を比較しないと損する可能性もあります。

冒頭でも書いたとおり、
僕自身10社以上のASPに登録して報酬額を比較しています。

ASP自体はすべて無料登録ができるので、まずは登録して、広告案件を把握しつつ、紹介する広告はASPごとに比較することがおすすめです。

登録前にASPを比較するのは広告の数を考えると不可能なので、自分で紹介したい広告を比較するためにも、まずは代表的なASPには全て登録して起きましょう。

※アフィリエイト初心者でも、紹介したい時にすぐに広告提携できるように、早めに登録することをオススメします。

 【無料登録】必ず登録すべき大手ASP

もしもアフィリエイトの審査基準から落ちたイメージ

【失敗回避】もしもアフィリエイトの『審査』基準と落ちた例

Amazonアソシエイトの審査に通らないイメージ

【最新】Amazonアソシエイトの審査に通らない理由【対処法アリ】

【厳しい】バリューコマースに『審査落ち』しない【✓ポイント】

【落ちた】afb(アフィビー)の登録審査に通らない3つの理由

今回は以上です!

よいアフィリエイトライフをお送りください(^^)/

シェアしてね!