【最新】Googleキーワードプランナー登録方法と無料の使い方【2020年】

ブログ初心者
Googleキーワードプランナーの登録方法が知りたいな。無料で使えるって聞いたけど、どうやって登録して使えば良いのかまったくわからん。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
SEO歴は3年以上で、ブログを230日ほど毎日更新しています。

この記事では、下記の点を掘り下げて解説します。

  • Googleキーワードプランナーとは何か?
  • キーワードプランナーの無料登録方法
  • キーワードプランナーを無料で使う方法(+有料級情報)

この記事で紹介する『Googleキーワードプランナーの登録方法や使い方』を理解すれば、
SEO対策に置いて最重要な『キーワードの検索ボリュームの確認&選定方法』がわかるようになります。

検索ボリュームを調べて、それを目安に書く記事を決めることは、SEO初心者にとって必須の作業です。

キーワードプランナーの登録や使い方をマスターすれば、
長期的にSEOからアクセスを集めることができ、安定してブログで稼げるようになりますよ。

※記事の最後には、検索ボリュームを目安に、
キーワード選定をする方法(有料級)も紹介します。

Googleキーワードプランナーとは?

キーワードプランナーとは、「Google広告(旧Googleアドワーズ)」の広告主向けに提供されている、検索ボリュームやキーワード選定のために用いられるツールのことです。

なので、キーワードプランナーを使うには、Google広告アカウントに登録しなければいけません。

もちろん無料で登録でき、キーワードプランナーも無料で使うことができますのでご安心を。

キーワードプランナーでどのようなことができるのか?

キーワードプランナーでできる主なことは、例えば下記。

  • キーワードの月間検索ボリュームがわかる
  • 新しいキーワード候補を見つけることができる
  • キーワード選定ができる(競合の多さなどもわかります)

実際にはこんな感じの画面で、
キーワードごとの検索ボリュームを確認することができます。

そんなこと知ってどうするの?

キーワードの検索ボリュームを知ることで、
そのキーワードで上位表示されたら、「どのくらいのアクセスが期待できるか?」などの予測ができます。

  • 検索ボリュームが少ない⇒アクセス数は少ないだろうけど、競合サイトも少ないかもという判断材料になる
  • 検索ボリュームが多い⇒そのキーワードで上位表示されれば、多くのアクセスが期待できる。でも競合サイトも多いだろうと予測もできる。

ブログ初心者は特に、適度な検索ボリュームのキーワード選定をしないでテキトーに記事を書くと、まず間違いなく上位表示されません。

記事後半では、そこのところも含め解説します。

では「習うより、慣れろ!」なので、
早速キーワードプランナー(Google広告)の登録方法を解説していきます。

既にGoogle広告に登録していて、» キーワードプランナーの使い方をすぐに知りたい方はこちらから

Googleキーワードプランナーの登録4ステップ【無料】


Googleキーワードプランナーの登録は、下記の4ステップだけです。

  1. Googleアカウントを作成する(すでにある方はステップ2へ)
  2. Google広告にサイトを登録して、広告を作成する
  3. キャンペーン(広告)の一時停止(※忘れずに!)
  4. キーワードプランナーの画面へ移動

それぞれ、わかりやすく解説します。

※Google広告アカウントを取得するために「クレジットカード」または「デビッドカード」の登録が必要になります。広告を出稿しない限りは、登録をしてもずっと無料で使えますのでご安心ください。

ステップ1:Googleアカウントの取得

まずはGoogleアカウントを取得しましょう。

※すでに持っている方は、次のステップへ

一瞬でできます。

» Googleアカウントを作成する

  • 名前⇒ニックネーム可
  • ユーザー名⇒メールアドレスになります。
  • パスワード⇒確認のために2回記入しましょう。

最後に「次へ」をクリックしましょう。

電話番号を入力して、「次へ」をクリックします。

メールに届いた6桁の数字を入力して、「確認」をクリックします。

生年月日と、性別を入力します。

「スキップ」でOKです。

次のページで「利用規約」に目を通して「同意する」をクリックしましょう。

登録が完了するとこのような画面になります。

Googleアナリティクス 使い方

これでGoogleアカウントの登録は完了です!

ステップ2:Google広告アカウントの作成、登録

まずはGoogle広告のホームページにアクセスしましょう。

» Google広告にアクセスする

赤枠で囲っている「今すぐ開始」をクリックしましょう。

あなたのGoogleアカウントを選択してください。

上記の画面が出ることがありますが、今は必要ないので「後で行う」をクリックしましょう。

「広告の目標は何でしょうか?」というページに移ります。

ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」をクリックして左下の「次へ」をクリックします。

「お店やサービスの名前」に、ブログやサイトのタイトルを入力します。

入力が終わったら「次へ」をクリックします。

「ウェブサイト」の欄に、あなたのブログのURLを入力します。

入力が終わったら「次へ」をクリックします。

上記のように、どのようにサイトが表示されるのかの確認画面になるので、間違いがないか確認をして、右下の「次へ」をクリックします。

「広告を作成する」というページに移ります。

こちらは、広告を出すわけではないので「適当に入力でもOK。」

全て入力が完了したら、右下の「次へ」をクリックします。

こちらも広告を出すわけではないので、特にいじらなくてOK。

右下の「次へ」をクリックしましょう。

こちらも特に設定は必要ないので、「次へ」でOKです。

予算のページに行きますが、ここも広告を出すわけではないので、
「¥1」のままでOKです。

右下の「次へ」をクリックします。

今まで入力してきたことの確認画面になるので、ざっと確認しつつ、
右下の「次へ」をクリックします。

「お支払い情報の確認」ページになるので、まずは上記画像のように、
メールの受信に関する項目にチェックを入れます。

※「はい」を選択してもOKです。

下にスクロールします。

クレジット(またはデビット)カードの番号を入力します。

※すぐに広告の停止を行うので、料金は発生しません。

あとはGoogle広告の利用規約に同意するにチェックを入れて、「送信」をクリックします。

上のような画面が出ればGoogle広告の設定は完了です。

注意点

ただし、現時点ではまだ広告が有効のままなので、
次に説明する「広告の一時停止」を忘れずに行いましょう。

では「キャンペーンを確認」をクリックして次に進みます。

ステップ3:キャンペーンを一時停止する

上記のような画面になりますので、
真ん中あたりにある「保留中」となっている部分をクリックします。

キャンペーンを一時停止する」というタブが出てきますので、そちらをクリックしましょう。

「一時停止する前に」という画面が出てきますが「キャンペーンを一時停止」をクリックしましょう。

「フィードバックをお寄せください」と出ますが、
これも右上の「✖ボタン」で閉じてしまってOK。

これでGoogle広告の、キャンペーン一時停止は完了です。

※あとは一時停止を自分で「有効」にしない限り、金銭が発生することはありません。

ステップ4:キーワードプランナーの画面に切り替える

先ほど行った「一時停止」がしっかり行われているか、確認しておきましょう。

確認ができたら、右上にある「設定」というアイコンをクリックします。

そうすると「エキスパートモードに切り替える」というタブが出てくるのでクリックしましょう。

上記の画面が出てきますので、
エキスパートに切り替える」をクリックします。

画面が切り替わったら右上の「ツールと設定」をクリックし、
開いたタブの左側にある「キーワードプランナー」をクリックします。

「キーワードのプランニングが簡単になりました」という画面が出てくるので「申し込む」をクリックしましょう。

この画面が「キーワードプランナーのページ」になります。

今後はこのページを使っていくので、いつでも開けるように「ブックマーク」または「お気に入り」などに登録しておきましょう!

以上で、キーワードプランナーの登録は完了です!

お疲れさまでした(^^)/

これでいつでもキーワードプランナーが使える状態になりましたので、
次に『無料で行えるキーワードプランナーの使い方』を解説していきます。

ブログ初心者やキーワード選定初心者の方は、まずはこれだけ覚えておけば、いろいろと応用的に使うことができます。

無料で行える、キーワードプランナーの使い方

  1. ラッコキーワードから、関連キーワードの抽出する
  2. キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる
  3. キーワードプランナーで新しいキーワード候補を見つける

わかりやすく解説していきます。

1:『ラッコキーワード』から、関連キーワードの抽出する

今回は「ブログ」というキーワードをもとに、
検索ボリュームの確認&キーワード選定の方法を説明します。

使用するツールが無料で使える『ラッコキーワード』です。

» ラッコキーワードはこちら

【最新】ラッコキーワードの使い方|旧「関連キーワード取得ツール」

※上記記事で、ラッコキーワードの詳しい使い方を解説しています。

ラッコキーワードに、狙っている主要キーワードを入力すると、
過去にGoogleで検索された関連キーワードが表示されます。

今回は「ブログ」という主要キーワードで検索して、関連キーワードを抽出しました。

あとは右上の「全キーワードコピー」をクリックすると、
関連キーワードをワンクリックで全てコピーできます。

2:キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

ではもう一度、
先ほどのキーワードプランナーの画面に戻ります。

上の画像のように左側に「新しいキーワードを見つける」、
右側に「検索のボリュームと予測のデータを確認する」があります。

今回は検索ボリュームを調べるので、右側をクリックします。

開いたタブに、先ほどラッコキーワードから取得した関連キーワードを貼り付けます。

貼り付けができたら、右下にある「開始する」をクリックしましょう。

上のような画面に移りますので、
赤枠で囲っている「過去の指標」をクリックします。

そうすると月間検索ボリュームほか、様々な指標が出てきます。

このままだとバラバラで見にくいので、
赤枠で囲っている「月間平均検索ボリューム」をクリックしましょう。

すると上の画像のように、
検索数の多い順番に並べ替えることができます。

※もう一度クリックすれば、逆に検索数の少ない順番に表示することもできます。

無料の状態だと上の画像のように、アバウトな検索ボリュームしか表示されません。

広告を200円くらいで出稿するだけ、
下記のように、詳細表示された検索ボリュームを見ることができます。

上記のような、キーワードプランナーの詳細表示方法は、
下記記事で詳しく解説しています。

『キーワードプランナー』検索ボリューム詳細表示方法【有料200円】

キーワードプランナーで、新しいキーワード候補を見つける

次にキーワードプランナーで、
新しいキーワード候補を見つける方法を簡単に解説します。

まずはキーワードプランナーの最初の画面に戻ります。

次は左側の「新しいキーワードを見つける」をクリックしましょう。

上の画像のように、調べたいキーワードのもととなるものを入力します。

ここでは「ブログの書き方」としています。

※「ブログ」だけだと幅が広すぎるので、できるだけ具体的に書きましょう。

最後に「結果を表示」をクリックします。

すると上記のように、新しいキーワード候補が出てきます。

まとめ:Googleキーワードプランナーの登録、無料の使い方

以上、『Googleキーワードプランナーの登録方法』、
そして『キーワードプランナーの無料の使い方』を解説してきました。

最後におさらいです。

Googleキーワードプランナーの登録4ステップ

  1. Googleアカウントを作成する(すでにある方はステップ2へ)
  2. Google広告にサイトを登録して、広告を作成する
  3. キャンペーン(広告)の一時停止(※忘れずに!)
  4. キーワードプランナーの画面へ移動

キーワードプランナーの無料の使い方

  • ラッコキーワードから、関連キーワードを抽出する
  • キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる
  • キーワードプランナーで新しいキーワード候補を見つける

こんな感じですかね。

本気でSEO対策をマスターして、ブログで稼ぎたい方向け

本気でSEO対策をして、検索上位を狙い、
安定的にブログで稼ぎたいと思っているなら、キーワード選定は超重要です。

キーワード選定をせずに、ブログ記事を書いてもアクセスも収入も増えません。

下記記事では、検索ボリュームの他に、
「どんなことを目安にすれば、上位表示されるキーワードを見つけられるのか」を解説しています。

【弱者の戦略】ブログ初心者の『検索ボリューム』の目安【その他3点】

検索ボリュームの詳細表示やラッコキーワードも必須ツールなので、
ブログ初心者こそ早くマスターしておきましょう。

『キーワードプランナー』検索ボリューム詳細表示方法【有料200円】

【最新】ラッコキーワードの使い方|旧「関連キーワード取得ツール」

今回は以上です。

よいブログ&SEOライフをお送りください_(:3」∠)_

シェアしてね!