【バク速検索】Macランチャーアプリ『Alfred』の設定&使い方

Mac初心者
Mac使ってるなら「Alfred」ってアプリが欠かせないって聞いたけど、設定とか使い方がわからない。初心者でも簡単にできる設定や使い方が知りたいな。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
MacBookProで、毎日作業しています。

そんな僕に欠かせないMacの神アプリの1つが、
今回ご紹介するランチャーアプリの「Alfred(アルフレッド)」です。

※ランチャーアプリとは、ソフトやアプリを起動する画面(アプリ)のこと。ランチャー(ロケットの発射台)という、そのままの意味ですね。

Macにはデフォルトで、Spotlight(スポットライト)というランチャーアプリがついていますが、さらに効率的に、かっこよく使いこなしたいならAlfredがおすすめ。

慣れれば簡単に使いこなせるAlfredですが、設定が英語だったり、最初の使い方が慣れなかったりするので、初心者の方向けにインストール方法から解説していきます。

この解説を見れば、
Mac初心者でも”今日から”Alfredで快適なMacライフを送ることができますよ!

Alfredのインストール方法

では早速、Alfredをインストールしていきましょう。

下記のリンクよりインストールができます。

» Alfred(アルフレッド)の公式サイト

上記のようにAlfredの公式サイトに入るので、
Download Alfred 4」をクリックしましょう。

ダウンロードが始まります。

上記のような画面が出るので、
ドラッグ&ドロップでアプリケーションフォルダに入れます。

アプリケーションフォルダに、
Alfredのアイコンが表示されていればOKですね。

では初期設定の方法を解説していきます。

Alfredの初期設定方法

Alfredのアプリをクリックして起動すると、こんな画面になります。

※左メニューの「General」から開けます。

  • 1番上のチェックボックス⇒PC起動時に、Alfredも同時起動させる設定
  • ホットキー⇒Alfredを呼び出すショートカットキー
  • 地域⇒Japanを選択

ホットキーに関しては、デフォルトでOKですが、僕は「command+space」にしています。特に意味はありませんが、使いやすいかなと。

注意点としては、Spotlightなどのショートカットキーとかぶらないようにすること。起動しない場合は「システム環境設定⇒キーボード⇒ショートカット」などで確認&変更しましょう。

続いては下記。

「Features⇒Default Results」から上記の画像のように、
とりあえず全てにチェックを入れればOKかなと。

パソコンの中のフォルダの中身や、画像などを検索できるようになります。

お気に入りのサイトを瞬時に開く設定

お気に入りのサイトを瞬時に開く設定ができます。

「Features⇒Web Search」から、
右下にある「Add Custom Search」をクリックします。

当ブログを登録する場合を例にすると、上記画像の通り。

サイトURL、タイトル、呼び出すキーワードを設定するだけ。

※アイコン画像は、枠の中にドラッグ&ドロップするだけです。

ブックマーク検索を瞬時に行う

ブックマークしているものも、
Alfredで瞬時に呼び出すことができます。

「Features⇒Web Bookmarks」から設定ができます。

僕はGoogleChromeを使っているので、
上記のように「Google Chrome Bookmarks」にチェックを入れています。

Safariを主に使う方は、Safari Bookmarksにチェックを入れればOKです。

この他にも機能はたくさんありますが、
とりあえずこれだけ設定しておけば最初は大丈夫でしょう。

Alfredの基本的な使い方

Alfredの基本的な使い方を紹介します。

まずは最初に設定したホットキー(デフォルトでは「option+space」)で、
Alfredを呼び出してみましょう。

簡単に出せましたよね?

今後、何万回と使うことになります。

Google検索をやってみる

もうブラウザを開く必要はありません。

Alfredを呼び出し、キーワードを入力し、Enter。

おわり。

ブックマーク検索

ブックマークしているサイトもすぐに呼び出せます。

もはやブックマーク整理、不要ですね。

※先程の説明した設定が必要です。

アプリを立ち上げる

開きたいアプリも、
頭の数文字を入力するだけで、秒速で開けます。

アプリ内検索

「アプリ名+半角スペース+キーワード」でアプリ内検索もできます。
今回はYouTube内での検索をしてみました。

一瞬ですね。

ファイル内検索

Alfredを開いてから「Spaceキー」を押すと、
上記のようにファイル内検索ができます。(「’」が出力されます)

これでイチイチFinderを開く必要はないですね。

計算機も地味に使う

地味によく使うのが計算機。

×は*で、÷は/で、計算ができます。

Alfred初心者は、とりあえずここまで使えればOK

上記の基本操作を使えるようになるだけでも、
だいぶ作業が効率化されたことに気づくと思います。

他にも細かな設定や便利な使い方があるので、慣れたら挑戦してみてください。

ちなみに有料版を使うと、
さらに高度な使い方もできるのでおすすめです。

今回は以上です!

シェアしてね!