【用途別】Macにおすすめのメモアプリ8選【Windowsも可】

Mac初心者
Macにおすすめのメモアプリが知りたいな。みんなどんなメモアプリ使って、どうやって使い分けてるんだろう?

こんな疑問に答えます。

※Windowsユーザーにも参考になるはず。

こんにちは、ショーイです。
MacBookProで毎日ブログを書いてます。

突然ですがみなさん、メモアプリ、何使ってますか?

僕は主に「Mac純正メモアプリ」「ATOK Pad」「Evernote」あたりをメインに使っています。(コロコロ変わりますが)

  • Mac純正メモアプリ:iPhoneと同期できるし全体的に有能なので、雑多なメモやブログの下書きにも使います。
  • ATOK Pad:パソコン内でよく使うメモアプリ。オプションキーを2回タップするだけで簡単にメモが出るので、マジでおすすめ。
  • Evernote:今後も見返すであろうメモや、残しておきたいメモの保存に使います。

僕はこんな感じですが、
この他にもMacやWindowsで便利に使えるメモアプリはたくさんあります。

今回は上記のメモアプリも含め、
おすすめのメモアプリ8選とその特徴やデメリットなどを紹介します。

自分の利用環境にあったメモアプリを使いこなせば、
作業効率が上がり、ちょっと人生が楽になりますよ。

Macにおすすめのメモアプリ8選

では早速、
Macにおすすめのメモアプリ8選を紹介していきます。

どれも一長一短なので、
作業環境やシーンに合ったメモアプリを見つけてみてください。

1:Mac純正メモアプリ

Macと言ったら、この純正メモアプリですね。

デフォルトで付いているアプリにも関わらず、めちゃくちゃ優秀なので、
実はメモアプリにこだわる人ほど、愛用者が多いアプリでもあります。

原点に戻る、みたいな感じですかね。(知りませんが)

Mac純正メモアプリの特徴

  • シンプルなのに多機能で使いやすい
  • 画像や文書などを挿入できる
  • Siriでの音声入力も精度高め
  • ApplePencilで手書き保存もできる
  • iCloudで、iOSデバイスと一瞬で同期できる

デメリット

・iOS、MacOSでしか使えないこと。

Macユーザーはまず、
このメモアプリを使いこなせるようになりましょう。

話はそれからだ。

2:ATOK Pad(エイトック・パッド)

こちらは僕がイチオシのメモアプリです。

MacでもWindowsでも使えて、パソコン上での簡単なメモに便利です。

おすすめポイントはなんと言っても、
オプションキーを2回タップするだけでメモを表示させたり、消したりできるところ。

ネットで検索しつつ情報をメモるのに、
最も楽なメモアプリだと思ってます。

長い文章を書いたり、保存するのには向いてないかもですが、
ササッとメモはコレがホントにおすすめです。

ATOKPadの特徴

  • オプションキーを2回タップだけで起動できる
  • とにかくシンプルで余計な機能がない
  • メモ画面の拡大や縮小も簡単にできる
  • 文字数が表示されるのも地味にいい
  • Evernoteとも同期ができるので、保存も工夫次第で簡単

ATOKPadのデメリット

・スマホで使う必要性はないので、パソコン専用かなと

» ATOK Pad/App store

» ATOK Pad/Windows

3:Googlekeep(グーグル・キープ)

「付箋」のように使えるメモアプリが、こちらのGooglekeepです。

付箋のようにカラフルなメモで保存できたり、一時的な簡易メモとして使いやすいのが特徴。

普段から付箋を愛用している方は、
ネット上でも、Googlekeepで同じ感覚で使えますね。

Googlekeepの特徴

  • メモの色が変えられる
  • 「画像のテキスト抽出機能」が便利
  • アプリ内で音声録音ができる

Googlekeepのデメリット

・PCはブラウザ版のみ

iPhoneやAndroidなど、スマホデバイス向けですかね。

» Googlekeep(ブラウザ版)

» Googlekeep/AppStore

4:Evernote(エバー・ノート)

Evernoteは有名なアプリですよね。

ただ「メモ」アプリではなく、「ノート」アプリなので、気軽にメモを取るのにはちょっと向いてないかなと思います。

気軽なメモには上記で紹介したようなメモアプリを使いつつ、
残したい情報やまとまった情報はEvernoteに移すのがおすすめですね。

Evernoteの特徴

  • あらゆる情報を1箇所にまとめられる
  • 一覧性が高いので、情報をたくさん詰め込める
  • タグを使えるので、Evernote内での検索性も高い

Evernoteのデメリット

  • 無料プランだと機能が制限される
  • 動作が重くなることが多々ある

Evernoteはメモアプリではなく、ノートアプリと考えたほうが良さそうです。

» Evernote公式サイト

» Evernote/App store

5:Bear(ベアー)

続いてはBearというメモアプリです。

Markdown(マークダウン)記法ができるので、ブロガーやプログラマ−などに愛用者が多いようです。

使いやすく見やすいUIと、可愛くておしゃれなクマサンがいい感じですね。

Bearの特徴

  • Markdown記法ができる
  • シンプルなUIで使いやすい
  • クマさんが可愛い

Bearのデメリット

  • Markdownを使わない人は、Mac純正アプリで十分かと
  • MacOS、iOS専用。Windows不可

» Bear/Appstore

6:SimpleNote(シンプル・ノート)

Simplenoteは、その名の通り「ザ・シンプル」なメモ(ノート)アプリです。

画像の挿入や余計な文字装飾機能などがない分、文章を書くことに集中できることが人気の理由。

とにかくシンプルに文章を考えたい方にはおすすめですね。

Simplenoteの特徴

  • とにかくシンプル
  • 余計な機能がないので動作がサックサク
  • 同期も秒速

Simplenoteのデメリット

・多機能を求める人には向いてない

» Simplenote公式サイト

» Simplenote/AppStore

7:Googleドキュメント

Googleが提供している、クラウド上に保存できるドキュメントサービスです。

デバイス間の同期もめちゃくちゃ早いので、僕は好きです。

Googleドキュメントの特徴

  • オンライン上に保存ができる
  • 同期がめちゃくちゃ早い
  • オンライン共有も簡単にできる

Googleドキュメントのデメリット

・Wordほどの機能はない

» Googleドキュメント

8:Microsoft OneNote(ワン・ノート)

Microsoftが開発している、
メモ(ノート)アプリがこちらのOneNote。

WindowsだけでなくMacなどその他デバイスでも使える汎用性と、Evernoteばりの多機能を誇るオールインワン、ノートアプリです。

エクセルやWordと連携ができるので、
Windowsユーザーには特に使いやすいらしいです。

OneNoteの特徴

  • Windowsだけじゃなく、Macなどその他デバイスでも使える
  • Evernoteばりの多機能が魅力的
  • ExcelやWordとの連携など、Windowsユーザーには利便性が高い

OneNoteのデメリット

・Evernoteと同じく多機能な分、手軽なメモには向いていない

» OneNote公式サイト

» OneNote/AppStore

まとめ:最適なメモアプリで、快適なMacライフを

以上、Macにおすすめのメモアプリ8選とその特徴を解説してきました。

それぞれの機能や使い勝手に特徴があるので、
使う人や環境によって最適なメモアプリは変わるはず。

今回紹介した情報も参考にしつつ、
実際に使ってみることで自分に合ったメモアプリがわかると思うので、色々試してみてください。

今回は以上です!

» その他Macのおすすめアプリなど

効率的なMacライフをお送りください(^o^)/

シェアしてね!