『読書メモアプリ5選』年300冊読む僕が解説【メモの後が大切】

読書初心者
読書のメモに最適なアプリが知りたい。メモした後の活かし方も知りたいな。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
読書が好きで、年300冊ほど読んでます。

この記事では、読書のメモに最適なアプリだけでなく、アプリ以外のおすすめのメモのとり方から、メモを活かして学びに繋げる方法まで解説します。

本記事の内容

  • 読書メモアプリ5選【デメリットも】
  • アプリ以外におすすめの読書メモのとり方
  • 読書メモの活かし方

読書メモを取ることは大事ですが、メモを取るだけでは不十分。

メモを元に自分の考えを深めたり、自分の言葉として発信、行動することで初めて学びに繋がります。

読書メモをもとに、人生を豊かにしていきましょう!

読書メモアプリ5選【デメリットもある】

ではさっそく、
読書のメモに最適なアプリ5選を簡潔に紹介します。

1:ブクログ

読書管理ブクログ - 本棚/読書記録
読書管理ブクログ – 本棚/読書記録
開発元:Booklog,Inc.
無料
posted withアプリーチ

イチオシの読書メモアプリは「ブクログ」です。

利用者も多く、デザインがきれいなので読書の本棚アプリとしては優秀だな思います。

特徴やデメリットは下記の通り。

ブクログの特徴

  • 「知らない本と出会える」がメインコンセプト
  • 新刊情報、ランキングが充実している
  • 書店をイメージしたデザインがきれいで可愛い
  • 他のユーザーと交流ができる
  • バーコード読み取り機能や検索機能などもある

ブクログのデメリット

  • シンプルな読書メモアプリとしては使いにくい
  • 使っていること自体に満足してしまう

きれいなデザインですが「読書メモアプリとしては、多機能すぎるかな」という感じです。

2:読書メーター

読書メーター
読書メーター
開発元:DWANGO Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

続いておすすめの読書メモアプリが「読書メーター」です。

メーターと名前がついているように、視覚的に現在の読書状況を確認しやすいので、読書初心者のモチベアップにはいいかも。

特徴やデメリットは下記の通り。

読書メーターの特徴

  • 本の冊数、読書量、著者別など様々なグラフが視覚的に把握できる
  • SNSのようなコミュニケーションも可能。
  • その他にもコミュニティや友人登録なども
  • バーコードの読み取りや、新刊情報通知も

読書メーターのデメリット

  • こちらも純粋な読書メモアプリとしては使いにくい
  • 使っている人の読書感想レベルはあまり高くない

ブクログと同様に、多機能で他の読書好きと交流も可能ですが、
読書メモアプリとしてはシンプルさに欠けるところはありますね。

3:ビブリア

読書管理ビブリア
読書管理ビブリア
開発元:Keisuke Uchida
無料
posted withアプリーチ

つづいては「ビブリア」。

上記2つのアプリと違い、交流や余計な機能は少ないので読書メモアプリとして使うには1番向いているかも。

特徴やデメリットは下記の通り。

ビブリアの特徴

  • 交流や他の人のレビューなどがなくシンプルな作り
  • バーコード読み取り機能あり
  • 読んだ本の一覧を表示できる
  • 読書量はグラフでも見られる
  • ブクログや読書メーターにリンクがあるのでレビューなども一応見れる

ビブリアのデメリット

  • シンプルすぎて飽きる
  • アプリで管理しなくてもいいように感じる

単純な読書メモアプリとして使うにはいいかもですが、
「これだったら、わざわざアプリを使わなくてもいいのでは?」と僕なんかは思ってしまいます。

4:Readee

Readee
Readee
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

楽天がリリースしている読書管理アプリです。

楽天ブックスと連携できるので、楽天を通して本を購入することが多い人に便利です。

それ以外の機能は似たりよったりなので、
楽天を使わない人は特に選ぶメリットはないかなと。

5:蔵書マネジャー

蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理)
蔵書マネージャー(書籍管理・新刊検索・フォルダでの整理)
開発元:Takemasa Takahashi
無料
posted withアプリーチ

とにかくシンプルなのは「蔵書マネージャー」。

主な機能はフォルダ管理・検索・登録の3つで、とにかくシンプル。

だったらビブリアでいいのでは?とも思いますが。

読書メモをアプリで取ることのデメリット

以上、読書のメモにおすすめのメモアプリ5選を紹介してきました。

ここまで紹介してきてなんですが、
読書のメモにアプリを使うことはあまりおすすめしません。

理由は下記の通り。

  • 読書中にスマホ片手にメモするのは、集中力を落とす原因
  • メモを取ること以外の機能がありすぎて、読書に集中できない

読書アプリは読み終わった本の管理には向いていますが、
読書中にアプリでメモを取るのは集中力を途切れさせる原因です。

科学的にも「読書中にスマホが目に入るところにあるだけで、集中力が途切れる」という研究結果もあり、他の人のレビューなどが見えるとなおさら集中力がなくなりますよね。

なので僕のおすすめは、
紙のノートにメモする王道のやり方か、Kindle専用端末によるメモです。

以下で僕が実際にやっているメモのとり方を解説します。

アプリ以外におすすめの読書メモのとり方

紙の本でメモを取る場合と、Kindleなどの電子書籍でメモをとる場合を解説します。

※Kindleなどの電子書籍が圧倒的に楽です。

紙の本でメモを取る場合

紙の本でメモを取る場合は、
基本的には付箋を使って、気になるところに印をつけます。

気になる文章を「そのまま書き写すのは非効率」なのでおすすめしません。

読書でメモすべきなのは、
自分がどんなことを思ったのか、どんな考えを持ったのかについてです。

それ以外は付箋でも、ハイライトでもいいので、
印をつけておくだけいいですよね。

マークした文章から重要な文章は書き出す

読み終わった後に、
付箋やハイライトでマークした文章を見直します。

  • 知識として記憶したい文章
  • 印象に残った文章
  • より深堀りしたい文章

こういった文章を中心に書き出し、
更に詳しく自分の考えや思ったことをノートに書いていきます。

直接書き込みが最強

紙の本に書き込んで本を汚したくない方も多いと思いますが、
直接書き込むのは、効率的には最強の読書メモになります。

  • 気になる文章は線を引くか、段落ごと囲って目印にする
  • 簡単なコメントだけ余白に書き込んでおく

あとはコレを見返して、
特に重要なところを読書ノートなりにまとめていけばいいわけです。

とはいっても書き込むのが嫌だという人も多いと思うので、
上記で紹介したような方法でメモをとるか、Kindle専用端末で読書するのがおすすめです。

KindlePaperWhiteでメモをとる

僕は長い間紙の本だけで読書していましたが、
ここ最近は、Kindleにある本はKindle専用端末のKindlePaperWhiteで読むようにしています。

理由は下記の通り。

  • 文章のハイライトやメモ機能が備わっている
  • 読書以外の機能がないので集中力も途切れない
  • 持ち運びにも便利ですぐに本も購入できる
  • 紙の本と同じような質感で読めるE-Inkで目に優しい
  • ブルーライトもほぼないので寝る前にも最適
  • 防水機能までついているので、お風呂でも読める

こんな感じで、けっこう最強です。

ハイライト機能

メモ機能

とはいっても紙の本にしかない魅力もやはり多く、
今まで電子書籍を使っていない人は抵抗感も大きいと思います。

僕も最初は電子書籍が苦手でした。

ですが慣れると読書メモがとても楽になるので、
基本Kindleにある本は電子書籍で読むようにしています。

読書メモアプリでできることは、ほとんどできると思うので、
ぜひ使ってみてください。

KindlePaperWhiteのレビュー記事はこちら👇

【買うな】KindlePaperWhite本音レビュー【紙の本1,000冊から乗り換え】

読書メモの活かし方

メモとは、要点を忘れないように記録しておくことです。

メモしたものを見返さなかったり、その後に活かさなければメモをとる意味ないですよね。

メモを活かして学びを得るところまでが大切です。

メモしたものは必ずアウトプットしよう

メモは飽くまでメモであり、
メモしただけでは大した学習効果はありません。

メモしたことを元に、アウトプットすることは必ず行いましょう。

アウトプットとは例えば下記のようなもの。

  • 家族や友人に要点や自分の感想を話す
  • SNSやブログなどで自分の考えを発信する
  • 仕事や人生の行動や考え方に応用する

こういったアウトプット(発信、行動)が伴って初めて、
メモしたことが意味のあるものになります。

おすすめなのは「読書ブログ」を作ること

アウトプットの中でもおすすめしたいのが、自分専用のブログを作成すること。

読書メモアプリで管理するのは楽でいいですが、
アプリが突然使えなくなることも結構あります。

例えば「Meetbooks」という読書メモアプリがあり使いやすくて愛用していましたが、今ではサービスを終了しています。

こんな感じで読書アプリは消えてしまうリスクが高かったり、
アウトプット以外のメリットがありません。

読書ブログのメリットは下記の通り。

  • 自分が消さない限り、残り続ける
  • 自分で広告も掲載できるので収益化も可能
  • カスタマイズの自由度が高く愛着が湧きやすい

以下の記事で読書ブログの作り方を解説しているので、
アウトプット先に困っている方は活用してみてくださいね。

読書した本をブログに移し替えるイメージ

【読書ブログの作り方】プロブロガー&読書家の僕が解説【感想・記録にも】

今回は以上です!

良い読書ライフを(^o^)/

シェアしてね!