【読書メモの取り方】科学的に正しい3つのメモ術&おすすめ媒体

読書初心者
読書メモの取り方が知りたいな。ノート、スマホアプリ、パソコン、、一体どれでメモすればいいんだろう?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、ショーイです。
読書好きで、年300冊本を読みます。

読書メモで大事なポイントは、
「簡単に」「素早く」「継続して」できることです。

出版社名とか、思考停止した写し書きとか、長ったらしい要約とか、そんなメモ入りません。

形式に沿っただけのメモは、頭に残りません。

本記事の内容

  • 読書メモはなぜ必要なのか?
  • 読書メモにおすすめの3つの媒体
  • 科学的に正しい3つの読書メモの取り方

読書メモを取るコツは、
「なぜその本を読んでいるのか?」といった目的を明確にして本を読むこと。

目的のない読書は、全ての文章が重要に見えたり、全ての文章が必要なく見えたりします。

読書メモのコツは「本を読む前に」あるということですね。

読書メモはなぜ必要なのか?

結論から言えば、メモという簡単なアウトプット作業を挟むことで、
脳を働かせながら、インプット(読書)ができるからです。

読んでいるだけだと、思考停止になる

読書は能動的に頭を働かせないと、理解することができません。

なぜなら、本には文字が書かれているだけなので、「想像力」を使わなければ内容が頭に入ってこないから。

ですが、想像力は働いていても、
意味を理解していないなんてことも起こりえます。

例えば、テレビや映画をぼーっと見ていても、ほとんど頭に入ってきませんよね。
そんな感じです。

メモは対話の「返答」と同じ

インプットしている情報に対するあなたの考えをメモに書き出すことで、
能動的に頭を働かせることができます。

誰かと話している時に、相槌を打ったり、自分の考えを述べるような感じです。

基本的には聞き役(インプット)に徹しつつも、疑問に思ったことや、自分の考えを簡単にメモしていくことで、こういった対話と同じような能動的な作業になります。

本と会話するようにメモを取ることがコツです。

メモしながら、読書しよう

読書の目的は、著者が考え出した文章や考え方をコピーすることではなく、
その文章から「あなた自身の考えやアイデアを生むこと」ですよね。

なので文章をそのまま書き写したり、ハイライトや付箋をつけるだけで終わる読書も意味無しです。

つまり、メモすべきことは「どの文章から、自分がどんな考えを持ったのか?」ということになります。

読書ノートや自分で発信をする際に、さらに深く考えていくことになりますが、
読書中のメモに関しては、文章に簡単にマークすることと、簡単なコメント程度でOKです。

ようは、読書メモは「思考を広げるための種」として書く感じですね。

読書メモにおすすめの媒体:メモアプリorノートorパソコン

読書メモに関しては、
全ての媒体にメリットとデメリットがあるので、使い分けすることがおすすめです。

それぞれの媒体のメリットとデメリットを解説します。

読書ノートに、メモをしていく

紙の読書ノートに書くメリットやデメリットは、下記の通り。

メリット

  • 思考が広がりやすく、アイデアが出やすい
  • 筆記のほうが、デジタルより記憶に残りやすいと言われている

デメリット

  • ノートを広げるのがめんどくさい
  • 移動中などは広げづらいし、書きづらい

読書から自分の思考を深め、自分自身のアイデアを引き出したいなら、
最終的には読書ノートを作ることがおすすめです。

読書メモに関しては、付箋を使ったり、スマホのメモ機能を使った方が便利かもしれません。

僕の読書メモのイチオシは、付箋にメモすることです。

下記記事で、付箋を使った読書メモの取り方を解説しています。👇

【用途別】読書の『付箋』3つの使い方【年300冊読む読書家が解説】

パソコンにメモしていく

パソコンにメモしていくメリットやデメリットは、下記の通り。

メリット

  • 慣れていれば素早く入力ができる
  • 見やすく、検索しやすいので、情報をまとめるには便利

デメリット

  • アイデアを広げにくい
  • 単純作業になりがち

紙のノートのように思考を深めることや、アイデアを考え出すことには向きませんが、
今後引用したい文章や、覚えておきたい言葉などをまとめるには効率的でおすすめです。

パソコンにメモするなら、
evernote(エバーノート)Googleドキュメントなどがおすすめです。

スマホのメモアプリにメモしていく

スマホのアプリなどにメモしていくメリットやデメリットは、下記の通り。

メリット

  • いつでもどこでも簡単にメモすることができる
  • 手軽にできるので継続がしやすい

デメリット

  • メモしたことがバラバラになって、まとまりがなくなる
  • 読書以外のことに気が散ってしまいがち

スマホのメモアプリはいつでもどこでもメモれるので便利ですが、
メモしたまま放置してしまう確率も高くなります。

メモしたものは、あとでパソコンなどでまとめたり、読書ノートに移してアイデアを深めるところまで必ずやるようにしましょう。

以下の記事で、おすすめのスマホの読書メモアプリを紹介しています。

『読書メモアプリ5選』年300冊読む僕が解説【メモの後が大切】

科学的に正しい読書メモの取り方

2010年のカーネギーコーポレーションの論文によって判明した、
科学的に正しい、本の理解度を高める読書メモのとり方を簡単に解説します。

参考:Writing to Read: Evidence for How Writing Can Improve Reading

本の簡単な要約

本を読み終わった後に簡単な要約を書くことは、
それなりの記憶の定着に役立つとのこと。

ポイントとしては、本の要約は年齢が低いほど効果的で、
大人になって読書慣れしている人には、本の要約はそこまで効果がないということ。

おそらく読書慣れをしている人は、無意識のうちに本の要約ができてしまうからでしょう。

こういったことからも、小学生や中学生、または読書歴が殆どない大人の方は本の要約をした方がいいですが、読書慣れしているならそこまで必要はなさそうです。

初見の単語の意味をメモする

続いての読書の理解力を高めるメモは、
初見の単語や専門用語、その本に特有の言葉などをメモすることです。

なぜこのメモが有効かというと、
その本特有の言葉というのは、その本全体の概念と結びついている場合がほとんどだから。

逆に言えば、新しく出てきた言葉や意味のわからない単語をスルーし続けて本を読んでも、内容は全く入ってきません。

「本の内容を理解できない人は、単語の意味を把握していない人」とも言えますね。

なのでその本特有の単語や、初めて見る専門用語などは必ずメモをして、
本の中からその答えを探したり、辞書で調べるなりしてメモすることで理解度が高まります。

疑問集をつくり、答え合わせをする

本の内容を理解するのに最も効果的な読書メモの方法は、
その本に対する疑問をメモしておき、本を読みながらその答えを探していくことです。

具体的には、本を読む前に表紙や目次を読み、疑問に思ったことや知りたいことをメモしておきます。さらに読書中にも、疑問に思ったことや知りたいと思ったら、メモをしていきます。

そして読書中にその疑問を解消する部分を発見したら、
メモしていた疑問に対する答えを書いていきます。

どうやらこのメモの方法が、最も効果的なメモのとり方のようです。

なぜこの方法が有効かというと、事前に疑問を持っておくことで知りたい情報が明確化するので、余計な文章に目を向けなくなり、答えを見つけた時に記憶にも定着しやすくなるから。

つまり、読書時間の時短にもなる上に、
記憶にも残りやすい最強の読書メモ術になります。

更に詳しい読書術に関しては以下の記事を参考にどうぞ。

【読書術】科学的に正しい本の読み方3ステップ【効率重視・速読不要】

まとめ:読書メモは必須です。

以上、読書メモを取るべき理由から、
おすすめ媒体、科学的に正しい読書メモのと取り方まで解説してきました。

読書メモを取ったあとは、そのメモから更にわかりやすく本の内容をまとめたり、
自分なりのアイデアを出すために深く考える必要があります。

このようにメモを活かすには、読書ノートを作ったり、
読書ブログなどの、アウトプットや発信の場を持っておくことが重要です。

読書ノートの作り方に関しては、以下の本が参考になります。

created by Rinker
¥1,188 (2020/10/31 11:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

読書ブログに関しては以下の記事で作り方を紹介しているので、参考にどうぞ。

読書した本をブログに移し替えるイメージ

【読書ブログの作り方】プロブロガー&読書家の僕が解説【感想・記録にも】

今回は以上です!

よい読書ライフをお送りください(^o^)/

シェアしてね!