【不要】まだ読書ノート書いてるの?【本当に記憶に残る記録術】

読書初心者
読書ノートの書き方が知りたいなぁ。読んでもほとんど記憶に残ってないから、ノートを取って忘れないようにしたい。でも読書ノートってめんどくさくて続かないんだよな。

こんな悩みに答えます。

こんにちは、ショーイです。
年に300冊以上読書をしていて、1,000冊ほど紙の本を所有しています。

僕もせっせと読書ノートをつけていた時期がありますが、はっきり言って時間の浪費だと気づきました。

※読書ノートをがんばって書いていた時期もあった


今では読書ノートは不要だと断言できます。(僕の場合)

その理由や読書ノートの代わりになる方法を解説します。

本記事の内容

  • 読書ノート不要論:なぜあなたは読書ノートを書くのか
  • 読書ノート以上に記憶に定着させる記録術3選
  • 読書ノート(メモ)をする上で重要な3つのポイント

※趣味的な読書記録ノートを否定するものではありません。お好きにまとめてください。

ココでは読書から知識を吸収し、「使える知識」にするための読書術を紹介します。

続かないことは成果につながらないし、目的を失った「作業」は無価値です。

なぜ読書ノートを書くのか?基本的な書き方。

読書ノートを書く目的は、大きく分けて以下の2通り。

  1. 趣味的な「読んだ本の記録」ノート
  2. 実用的な「知識を血肉にする」ためのアウトプットノート

この記事では2番目の「実用的な」読書のアウトプット方法を解説します。

読んだ本の記録ノートは趣味の範囲なので、好きなようにまとめればOK。

趣味的な読書記録ノートの書き方

  • 読んだ日付
  • 本の基本情報(タイトル、著者など)
  • 気になった文章の抜粋や一言感想など

こんな感じですね。

以下のような商品を使えば、簡単に読んだ本の備忘録ノートは作れます。

ですがこういった読書ノートは、知識を血肉にするには不十分。
読んだ本の記録よりも、そこで得た知識を使えるようになることの方が大事です。

そもそも文章抜粋を書くなんて時間の無駄

文章を抜粋して書くのは時間の無駄です。
読んだ日付とか、タイトルとか書く時間も無駄。

※繰り返しますが、趣味でまとめることを否定するわけではありません。

なぜなら、本に書いてある文章は著者の言葉であり、それを書き写すのは思考停止しながらでもできるから。

本当にやるべき記録は、その文章を読んであなたが何を考えたのか、
あなたの言葉や立場に置き換えた時にどう発信、行動するかが重要なはず。

実際に自分の立場に置き換えなければ、その知識は使い物になりません。

よって抜粋の文章なんて書く意味無し。
文章の丸暗記は、学校のテストでしか効果を発揮しません。

読書ノート不要論:使える知識を得る3つの記録術

以下では僕が読書ノートの代わりにやっている、効率的な読書記録術を紹介します。

「手書きで書かなければ知識として定着しない、は嘘」ですね。
パソコンだろうがスマホだろうが、アウトプットすれば知識は身につきます。

めんどくさくない、継続できる方法を紹介します。

気になる文章は検索できるようにしておけばOK

上記で紹介したように、
著者の言葉をまるまる抜粋する読書ノートなんて思考停止してもできるので無意味です。

作業的なことは、デジタルで済ませるべき。

僕はKindlePaperwhiteという電子書籍リーダーを愛用していて、気になる文章は簡単にハイライトしたり、メモを残すことができます。(スマホアプリでもOK)

こうすればハイライトやメモした文章は、
必要なときにすぐに「検索して」見つけることができます。

※手書きの読書ノートや紙の本の付箋は、書き出すのが面倒な上に、見つけ出すのもめんどくさいですよね。

また紙の本から電子書籍に変えることで、いつ読んだのかや、どのような本を読んだのかのライブラリをいつでも手軽に見ることができます。

ほぼ自動で手間なく、上記の趣味的な読書ノートが完成しているわけです。

大事なのはその文章、その本から得た知識を使って、
自分の言葉や立場に置き換えてアウトプット(行動、発信)することです。

電子書籍でメモを取っておくと、
曖昧な記憶でも簡単に検索機能で見つけ出して発信することができます。

KindlePaperwhiteの詳しい感想は以下の記事でまとめています。

【買うな】KindlePaperWhite本音レビュー【紙の本1,000冊から乗り換え】

インプットした知識は、できるだけ早く使うべし。

知識は、アウトプット(発信、行動)してはじめて定着します。

だったらノートなんて書いてないで、さっさと実践の場で使うべき。

  • 家族や友達に本の内容を話す
  • 仕事などの実践の場でその知識を使う
  • SNSやブログなどで、読者に向けて自分の言葉で発信する

上記の通り。

心に残った文章や新しい知識はデジタルで保存しておき、アウトプットするときにもう一度その部分を読み返せばOK。記録は単純作業なのでできるだけ簡略化すべき。

アウトプットする時は自分の言葉に置き換え、
相手にわかりやすく話すように頭を使えば、効率的に知識が定着していきます。

時間を掛けるべきは読書ノートではなく、実践の場で使うアウトプットです。

SNSやブログをアウトプットの場として持つと良い

相手が実際にいる会話や、生産的な仕事の中で読書の知識をアウトプットするのが1番かと思いますが、読書で得た知識を使う場面はそう多くないですよね。

なので僕の場合は、SNSや当ブログをアウトプットの場とすることで、
すぐに発信できる環境を作っています。

気になった文章や心に残った言葉は、自分の言葉で言い換えてすぐに発信することで、かなり記憶の定着に役立ちます。

少なくとも読書ノートを書くよりは、読者がいるという感覚があるので、
1人でやるよりも効果が上がるし継続もできます。

読者を想定したアウトプットは9倍の効果がある

ただ読書をするだけだと、知識の定着率は10%ほどと言われています。

ですが「人に教える」というアウトプット作業が加わると、
定着率は90%ほどになると言われています。

読書ノートのような思考停止の抜粋文章を書くよりも、得た知識を他の人にわかりやすく説明しようとする作業のほうが大切です。

なので読書ノートを書く時間があるなら、
SNSで発信するか、ブログで他の人に教えるように知識をまとめるのがおすすめ。

当ブログでも以下のように、読書した知識をまとめています。

【愛するということ】本の要約&感想|フロムの名言【愛は技術だ】

知識を発信することで、それを読んだ読者のためにもなるし、
広告を貼れば収益を得ることも可能です。

※ちなみに、当ブログからは開設3ヶ月で5万円ほどの収益がありました。

ブログの作り方はこちらで解説しています。

読書ノート(メモ)する上で重要な3つのポイント

読書しながら、
どのようなことをメモするといいのかの5つのポイントを解説します。

わからない単語の意味をメモする

最も簡単で効果のあるメモが、専門用語などのわからない単語があったらその意味を簡単にメモしておくことです。

メンタリストdaigoさん曰く、「わからない単語の意味を理解するだけで、その本全体の理解に役立つ」とのこと。
(参照:読んだ本忘れない【読書ノートの書き方】

読書ノートに手書きしても殆どの人が見直しませんよね。僕も読書ノートを見直すことはほぼありませんでした。

電子書籍だと、ふとした時に過去のメモを簡単に見られるので、
自然と復習ができます。

例:わからない単語はメモしておく

こんな感じで辞書機能があるので、その場ですぐに意味の確認ができ、
単語をハイライトしておくだけで、後で復習することも簡単にできます。

気になった文章には一言感想をメモしておく

読書家としても有名な佐藤優さんの「読書の技法」には、
こんな読書ノート術が書かれていました。

気になったところを線を引き、一言コメントを書くだけで記憶に残りやすい

created by Rinker
¥1,188 (2020/09/21 05:26:50時点 Amazon調べ-詳細)
僕も読書ノートを手書きしていた頃からコレをやっていますが、ノートに書くには時間がかかるし、紙の本にそのまま書くのは本が汚れてしまいます。

KindlePaperwhiteならハイライトも一言コメントもすぐにできるし、
いつでも修正したり、あとから検索できるので最強です。

一言感想をメモしておく

上記の通り、ハイライトしつつ一言コメントを簡単に打ち込んでいます。

本全体の要約または言い替えを発信する

本全体の要約をまとめて家族や友人に話してみたり、
ブログで発信するのは効果のある読書記録術です。

その他にも、Twitterやインスタ(?)などで心に残った文章や記憶したい文章を「自分なりの言葉で変換して」発信するのはおすすめです。

自分の言葉で発信するとその文章の本質を自然と考えるので、一言一句抜粋するよりも遥かに使える知識として頭に残ります。

例えば下記のツイートはメンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」の一部を、
自分なりに解釈し発信しています。

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/21 18:23:42時点 Amazon調べ-詳細)

こんな感じで本から得た知識を、
自分が発信している分野(僕の場合はブログ)に変換して発信することで、知識として定着しやすくなります。

まとめ:読書ノートは不要です。実用には「発信、行動」が大切。

以上、手書きの読書ノートは効率悪いので、
電子書籍でメモを簡略化して、アウトプット(発信、行動)することに注力したほうが良いですよ
、というお話でした。

僕も紙の本が好きだったのでよくわかりますが、
読書家の人ってちょっとした「収集(コレクター)癖」がありますよね。

本棚にズラッと並んでる本が好き、みたいな。僕もその気持ちすごくわかります。

紙に書く読書ノートを未だにやめない人は、そういった「物質が残ること」に満足感を感じるのだと思いますが、効率は圧倒的に悪いです。

何度も言うように趣味でやる分には良いと思いますが、
知識を効率的に身につけたいならさっさと電子化すべきだと思います。

僕も紙の本が好きなので電子書籍に比重を移すことにためらいましたが、
読書の本質は、紙ではなく知識だ」と考え直してKindlePaperwhiteを試したら人生変わりました。

読書ノートも同じでして、形に残る紙のノートよりも、
このブログのほうが、読者を想定して書いているので頭にも残るし、何度も見返します。

これから読書ノートをつけて知識を効率よく身につけたいと思っている読書好きの方は、僕のやり方を参考に、単純作業は極力減らし、アウトプットに比重を移してみてください。

さらに読書が好きになると思いますよ。

今回は以上です!

【実質無料】WordPressブログの始め方|月10万サポート【失敗回避】

シェアしてね!